2013-03-20

「可愛い女の子」と「可愛いと言われて育った女の子」とは?

 変なタイトルだ。それでも、どういう書き出しで何を書くのかといろいろまとめようとしたが、上手くまとまらない。それで、わざわざ「」を付けたのは、私の言葉ではなく、自分の中のイメージ的な発想もあって、この2つのことを客観的に捉えて考えてみようと思ったからだ。備忘的に書いておきたいと思う。
 これを思ったきっかけは、小学生や幼女の芸能界デビューが、子どもの育ちにとって何か影響があるだろうか?という浅い疑問だった。が、いろいろこのことを実例に照らして考えている内に、女の幸せな生き方にもつながると思えてきた。それがどんな生き方か?そこを書き出すのが難しいと思いながらも、あえて書くことにした。
 話の角度を変えると、子どもを取り巻く生育環境は、選択できるものとできないものがある。当たり前の話だが、子どもは、親を選択できない。でも、親は子どもの育つ環境をある程度選択できる。昔からあるのが英才教育で、音楽などはずっと長く続いている。また、平成になって多く感じるのは、スポーツ界で活躍するティーンエイジャー達だ。今二十歳前後で活躍する彼らは、平成生まれで、その後も後を絶つことなくどんどん若いパワーが溢れてきた。これは、今の日本では,希少かつ貴重な存在で、将来は、彼らが次世代の先輩となって、また多くの才能を引き出す指導的な立場ともなるのだと思う。昭和の30年代くらいからその兆しはあって、それが多種に渡って広がってきたとも言えると思う。時代を追って様々な変化も感じたが、昔は感じなかった事が最近、やたらと気になるようになってきた。だから、ここに書こうとすることは正に老婆心からで、大して人の生き方に参考になることかどうか分からない。
 さて、私の昔の職歴から、子役デビューなども見てきた経験で、最近少し気になることがある。子役はどう育てられるかという点だ。言い方を変えると、子役という職業で、子どもに何が刷り込まれるかという問題だ。特に、「可愛い」と評価される子どもだ。
 ここでちょっと外れてしまうが、私にも娘が一人いる。彼女は私の友人たちから「将来この子は美人になるよ」と、よく言われた。親の私は子供の顔を中々客観視できるものではなく、美形かどうかという点ではよくわからなかった。成長して20歳過ぎた頃には、ヘアーモデルなどを頼まれていたようだった。親戚の結婚式では、私の叔母や叔父が、娘がすごい美人だと褒められた。まあ、取り柄の一つとでも言えることがあってよかったね。と、これにも親がほこほこ喜ぶなんてことは無かった。父親の嬉しさはちょっと別のようだったが。
 これをもって何が言いたいかというと、私の子育て観というほどのことでもないが、子どもには大人の観念的な見方をそのまま植えつけないように気をつけて来た。つまり、子どもが美人だと褒められようが、仮に私がそう思っていても、子どもには「あなたは綺麗な子」などとすり込まない努力をしてきたつもりだ。「そんなこと考えすぎ」と、言われるかもしれない、ある意味、これが私の親ばかの姿かもしれない。
 「可愛い」と評価される事の何が子どもにとってダメなのか?のテーマに戻すことにする。
 高校の女子バスケ部の外部コーチをしていた頃のある年、その学年ではモテモテの可愛い一年生が入部してきた。スタイルもよく、均整の取れた体つきで、多分どんな洋服を着ても似合いそうで、目はくりくりとした茶目で、髪の毛の色も天然の栗色。非の打ち所のない美形だった。話し方にも嫌味がなく、どちらかと言うと天然で幼いかんじ。喋り方もなんとなく舌足らずだった。男子からは大モテで、部活が始まるとギャラリーにはスズメが電線に一列にとまっているようだった。バスケットはさほど上手でもないし、あまり根性もない。へなへなと転んだりすると、彼女のファンがギャラリーから「がんばれー」と、声援した。普通の部員にはそういうことは起こらないし、部活中によそ見などはしないで黙々と自分の練習に集中するのだが、彼女は、ギャリーに笑顔を返す子だった。そこで彼女を指導するなどということは私はしないタイプのコーチで、成り行きを静観していた。ただ、面白い事が起こるものだとは思った。
 そういう彼女の育ちに危惧を抱いたのは、どこから見ても可愛い子だというとおり、彼女は自分が「可愛い子」だと知っているという点だった。子どもが自分のことを「可愛い」と意識するのは、何がその起点になったりきっかけになるんだろうか?転んだ瞬間、彼女は、彼女を見ている人を無意識に意識するということ。それまで何百という高校生と関わってきて、このような態度をする部員を見たことがなかった。彼女は体育館でバスケットの練習をしているのではなく、何か、ステージにでも立っている演技者のような、そんな風に見えた。このことに私の関心が寄った。部活の男性顧問は彼女のこと、「自分が可愛いと知っているのはある意味魔性でもある」と言っていた。この先生も個性的な感性の持ち主で、書道家だった。
 男性の捉え方にはエロチックなものを感じたが、生徒を前に好ましくない表現だと思ったのか、でもそれは、男子生徒に人気がある彼女を見ただけではなく、彼らを意識する彼女に女の性を見たのだろうと思う。彼女のは無意識な仕草だと思うので、指摘してもわからないと思う。その後、私の関心も、彼女はどうしているか時々思い出す程度になってしまった。
 話がダラダラとなってしまった。つまり、「可愛い」という他者からの刷り込みによって、その人物は人の評価を自分に取り込み、それが自分の姿だと認識し、拠り所とするのではないか?その懸念でもあり、子どもの生育への大人の関与への苦言のようでもあるが、それが気になって仕方がなかった。芸能界の子役は誰からも「可愛い」といわれるように仕立てるし、美貌を放っておく手はない。その舞台に飛び上がる年齢にもよるが、そいういった中で自分にきちんと向き合い、自分を確かめられる人間になるか、または、すり込まれた幻想を信じて疑わない生き方になるのか、担当者はそんなことまで給料に含まれてはいないし責任はない。人から可愛いと言われなくなったら途方に暮れるんじゃないかと、後者に関しては思う。それもその人の生き方ではあるし、私が横からなにか言うことでもないかなと引いたことだった。
 女の私がいうのもおこがましいし憚れるが、女はだれでも宝石を持って生まれ、それを磨くことで本物の女になるものだと思っている。磨かないのに輝いていると思っている人は、何かが変ではないかな?これは、美しく生まれるということとは無関係な問題で、ここを上手く表現できないので色々書いてしまった。それでも伝わりにくいだろうなあ、と思っている。

|

コメント

「自分が可愛いとわかっている女の子」には、そうではない女の子と違って、何かファンタジー(背中合わせの危うさも含めた)があるのだと皆思うようですが、実際そこまで何かあるわけではないことが多いです。

「可愛いと知っている女の子」がそこにいるだけで発する情報は、量的(可愛いと感じる人数の嵩)にも質的(感受性に訴える力)にもとても大きいです。ただ、それは単に大きいだけで、中心にいる彼女がどういう人間であるかとは、直接関係がなかったりします。
その大きさは、単にいるだけでは情報を与えられない多くの人たちをして、彼女がどんな人間であるか、さも伝わったように錯覚させられる位、ということなのではないでしょうか。

「魔性の女の子」の拠り所も、他者から与えられたそうした「価値」を差っぴいたら(つまりその女の子からしてみたら)、結局は普通の女の子とそうは変わらないのではと思います。

こいつは魔性だと思いたい人、魔性であってほしいと願う人がその子を魔性にする、という構造があるだけで、そんなもの本人はいつでも降りられるのではないでしょうか。

降り方によっては、他人からしたらいいゴシップの種にもなるでしょうが、本人にとっては実際のところ、社会的に丸く収まるものでも反道徳的でも、あまり関係ない気がします。

投稿: 通りすがり | 2013-03-21 20:45

はじめまして、ブログ楽しく読ませて頂きました。
坪江ともうします。
褒めれば伸びるですかね?かわいいって難しいですね^^

投稿: 坪江 | 2013-03-24 10:32

坪江さん、「褒め殺し」という言葉当てはまるかもしれません。意味は、褒めて相手をだめにすることです。が、近年は、だめにすることを目的に褒めるという使い方もするようです。言葉の解釈もどんどん上書きされるので、もうもうついて行くのに辟易とします。

投稿: | 2013-03-24 11:23

はじめまして。可愛い、と言われて育った女の子
についての考察、なるほど、と思いながら読みました。

不思議なもので、同じ褒め言葉でも、可愛い、
と言われて育つのと、美人、では、その子の態度は
ずいぶんと違ってしまうと思います。

可愛い、と言われると、可愛くしなければ、という
不思議な義務感が生まれる、というかなんというか。

友人にかなりの美人がいますが、周りから美人言われ、
親からも、あなたは綺麗だと褒めて育てられたそうです。
彼女は、いわゆる、ぶりっこではなく、
あまり外からの評価に興味がない人です。

彼女に、可愛いといわれるのと、美人と言われるの、
どちらがいい?と聞いてみたところ、
ほとんど言われたことはないが、
可愛い、と言われる方が嬉しいそうです。

可愛い、それは、赤ちゃんにも、動物にも使われる
ファジーな言葉。

美人にはなれないけど、多分可愛く、は誰でもなれる。

可愛い、という言葉自体が、魔のものかも、
と思いました。

可愛いという言葉自体が持つ危険な魅力に気がつかされました。

投稿: マナ | 2013-03-24 16:27

はじめまして。私は全く逆で、大人になったら整形するんだよ。などと言われて育ちました。
自分が容姿にどの程度コンプレックスをもっているかわかりませんが、あまり人の容姿に興味がないのは事実です。美醜すらわかりません。滲み出る人間性をみるようになりました。(両親は面食いなのです)
さて、そんな私の息子はいま小学校低学年なのですが、赤ん坊の頃から性別年齢を問わず人が寄ってくるわけでどうやら顔は可愛いいらしいのです。
男子の価値は顔は主体じゃない筈ですが時代の流れもあるので私はいつもその事を懸念しています。
私のヤッカミかも知れませんが、何となく、ミスなども笑えば赦されるような感じを子供から感じるからです。
そこまで深く考えてはいないのでしょうが、私にはリアルに深刻な問題であるだけについコメントしてしまいました。
余談ですが、息子は変質者に寄ってこられる率も高く、これはわたくもそうだったので、可愛さというバロメーターとは別の次元なのでしょうが、結局のところ彼に自分をどのように客観視させるかが私の課題になっています。
最終的には人の言葉や評価に影響されるかどうかという人間性であって、環境は二次的なのかもと思うのは間違いでしょうか?
私は美学を持った人間になってほしいと考えています。尊敬できる人間とは?という目標であり指針です。私が素晴らしいと思う人物は、内面から滲み出る美しさがありました。親から与えられた外見的だけでは、花が萎む時期には輝きが失せるのではないでしょうか。滲み出る人間性が結実するときに、その人なりの輝きが発せられるのは人間性や自信であり、人生で培われたものなのだと思うのです。やっぱり私も上手くは書けませんでした。

投稿: もがちゃん | 2013-04-02 07:49

もがちゃんさん、率直に思うことですが、女性は、内面を磨いて心の美しさが現れてくるとは思いますが、男性は、色々な試練を乗り越えて生きることで「男になる」だと思います。これは男女の性差ではないかと思うのですが、最近はそうでない人達も多くなったようですね。性同一性障害などの障害は別として、男子には環境に試練を用意するといいと思います。例えば、キャンプでマッチ三本支給で食事を作るとか、山道を長く歩くとか、一人でお買い物など。因みに私の息子二人には、長野県から三重県の伊賀まで乗り換え4回の電車一日旅行を小学校4年と3年の二人にやらせました。これが何に良いかというのは、本人にちょっとハードルを用意して、子どもがどうやってそれを飛んで走っていくのか見定めることで、子どもの育ち具合が確認できます。子どもの意外な面を見ることもあります。子供の表面ではない部分です。

投稿: | 2013-04-02 11:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516876/56996033

この記事へのトラックバック一覧です: 「可愛い女の子」と「可愛いと言われて育った女の子」とは?: