2010-11-24

極東ブログ「韓国人が居住する延坪島に北朝鮮が砲弾を撃ち込んだのはなぜか」金正日は世界一の臆病者

 私もつくづく平和ボケしちゃっているなと思ったのは、極東ブログに掲げられた「韓国人が居住する延坪島に北朝鮮が砲弾を撃ち込んだのはなぜか」(参照)を読んだ直後です。
 誰かにヤラレル前に、普通は守るための装備を整えます。日本のように戦争をしないと公言している国以外は、どこも弾頭ミサイルや原子爆弾などを保有し、協定の基にその使用を管理しています。日本は、外からの攻撃を守るすべがないので、アメリカと同盟国になり、アメリカの核の抑止力に守れています。とりわけ、中国、パキスタン、イランなどは、核を持って自国を守っていますが、これらの国がいつ何を目的に仕掛けてくるか分かりません。ですが、ここで変な疑問が湧いたのです。何のためにこれらを備えるのか?仕掛けるためか、戦争が好きだから、主張を通すためか、営利目的か、何故でしょうか?
 その本当の理由に迫って考えたのは、今回が初めてだったかもしれません。そして、その根本は、人の生きる事への貪欲なまでの原点なのだと思ました。たった一人の愚かな臆病者のなせる業に、世界中が恐怖に慄いたのかと思うとやりきれない気持ちになりました。
 北朝鮮の金正日なる最高指導者は、世界一臆病者で怖がりだから、ウランを抱いていたいだけなのだと。そのウランを守るためなら、となりの韓国の大都市の住民さえ人質にとれば、アメリカも韓国も攻めては来ない、と。それを世界に知らしめるために昨夜は、砲弾したのだと、こんな馬鹿な指導者がいたのだと、呆れたのです。そして、この理由に気がつかなかったのも、私が平和ボケしているせいです。弱い者は、どうやって身を守るのか、その思考回路が働かなかったためです。
 今朝、The Telegraphの「North Korea shells South Korean island: Q&A」(参照)がTwitterで流れ、北朝鮮が攻撃してきた本当の理由は何か?という視点で読んでいましたが、何度読んでもその文脈が見えてこないのです。「記事読みましたか?」と聞かれて、まさかに読んだとは言えません。一番知りたい部分だけが読めなかったのですから。それもそのはずで、金正日氏のことを学ばなくては、この文脈は到底読めるものではありませんでした。

金正日は臆病者というかあるいは脇が甘くないというべきか、イラク戦争でイラクのフセイン元大統領や幹部がピンポイント空爆に遭っている際、恐れて長期に渡り身を隠していた。テロと空爆によって殺傷される恐怖心はかなり強い。現状で朝鮮戦争のような事態になれば、韓国は自主的に軍の指揮権は取れないし、同様に北朝鮮へのピンポイント空爆も米軍の管理下に置かれるだろう。つまり問題は米軍のピンポイント空爆に対する人間の盾にソウルを使いたいということになる。

 ここへ来てようやく見えてきたのが、ソウル攻撃です。「新時代の戦略」ということであれば、極東ブログの「北朝鮮によるソウル急襲シナリオ」(参照)が浮かびます。

 イラク戦争で示された米国の圧倒的な戦力と北朝鮮の国力低下から、北朝鮮は80年代に策定した軍事シナリオを放棄せざるをえなくなっている。つまり、朝鮮戦争のような半島全体に及ぶ軍事活動は北朝鮮はすでに無理。そこで新時代の戦略として、ソウル占領作戦が出てきたようだ。ソウルを国際社会に向けて人質に取る作戦だ。

 この時既に準備しているらしいことは掴んでいたのですが、忘れていたのは私がこの件に危機感がなかったとしか言い様がありません。あの国を危機に曝してはいけないのです。かと言って何が出来るでしょう。
 このことを今後に生かす方向で、前向きな対応にまで触れられているのが救いです。

 今後延坪島住民の安全を守るという表向きの理由で韓国軍がここに軍事力を強化すれば、その影で米国は中国の北京の入り口を事実上封鎖できる。これは美味しい。
 この読み筋は、別段、陰謀論でもなんでもなく、ただそこまでは読まなかった北朝鮮の短慮の結果論としてそうなるということかもしれない。案外、北朝鮮は自国の命運のために中国に対して米国で牽制しておいてもよいかもしれない、ということかもしれない。

 文字で書くとこれくらいのことなのですが、事態がわからなかった昨夕は、どうなることかと思いました。現在の住民は、危険な目に合わぬようどこかに非難されたらと思いますが、確かにそれを盾に、軍備を強化することは賢いです。
 今日は引用が多くなってしまいましたが、最後に日本に関係の深い関わりに触れています。

 今回の事態では、しかし中国が黙っていると漁夫の利として米軍が黄海を抑え込む可能性がある。その動きが可視になれば、中国はなにか珍妙な動きに出てくるだろう。こうした場合、中国は直接の関係国ではなく、弱そうなところをこづき回す。
 弱そうなところがどこかについて、解説は不要としたい。

 日本が一番平和でボケていますから、弱くて戦略も何も無い無防備な国です。尖閣諸島の二の舞をせぬよう脇を閉めてください。

|

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516876/50118798

この記事へのトラックバック一覧です: 極東ブログ「韓国人が居住する延坪島に北朝鮮が砲弾を撃ち込んだのはなぜか」金正日は世界一の臆病者: