2010-06-27

厚切りじゃが芋のバターソテー(難易度1)

 昨夜は部分月食でしたが、あいにく諏訪の天気は芳しくなかったため見られませんでした。去年の皆既日食もダメで、ついてません。夜空の宇宙ショーと期待していたのですが、残念でした。

P6250005

 さて、今日はじゃが芋のソテーです。じゃが芋は付け合せにもそのままでもちょっとしたおやつにもなるのです。今までにもじゃが芋料理は色々と紹介してきましたが、できるだけ簡単で美味しいくできる方法はないかと模索中です。実は、次男がこの春から兄と同居を始めているのですが、彼らの生活リズムは全く違うサイクルだそうで、二人で仲良く料理を作って食べるなどという悠長なことはできないらしいのです。5月に彼らのマンションに寄った際、電子レンジのそばに大きなじゃが芋と小皿に塩が置いてあるのを発見。何かと思えば、お腹が空いた時、レンジでじゃが芋を蒸して塩をつけて食べたそうです。数日は経っていたかに思われる無残な姿のじゃが芋でした。そういうのを見ると、なんとなく不憫になるのですが、電子オーブンレンジがあるだけでもマシだとは思いました。その次男からの連絡で、最近、ここを見ながら料理を作っていて、スパイスがないのでそのお金を送ってくれ、と。トホホ。お金の無心なのか、料理意欲なのかわっからん。ってか怪しい。この事を知って、そうは言っても、彼らにとって手早くできる美味しい料理のレシピを考える気持はあります。

P6250002

 今日のじゃが芋料理は、時間を短縮するために厚めにスライスしたバターソテーです。つまり電子レンジで丸ごとじゃない方法。味付けは塩と胡椒だけ。とりあえず。香りが黒挽き胡椒だけだとちょっと足りないのでピンクペッパーを使っていますが、これはなくても大丈夫です。丸ごと一個をレンジで蒸している間に、おそらく息子はじっと待っているだけだろうと思うのですが、君ね、それは料理とは言わないの。
じゃが芋を焼きながら、隣で冷凍庫に入れっぱなしのトマトと牛肉のひき肉(なければベーコンやソーセージなどの加工品)と玉葱のみじん切りとか炒めてソースを作れば、じゃが芋のトマトソースができるのです。そういう風に、二品くらいを同時に作ると、忙しくて料理をしたという感じなる。これが結構な満足感に繋がるので精神的に成長できる。このような攻撃的な料理をしないとダメ。何にでも通じるけど、積極性と生活感は関係あるよ。

P6250003

 では、このじゃが芋ソテーをどのような展開にするかは、宿題、とね。
 因みに、スライサーなどが上手く使いこなせるようになったら、この料理は、お薦め。皆が大好きな香ばしく焼けたチーズと薄いスライスじゃが芋のコラボ。画像を見れば我が家のメンバーは誰でも食べたくなる人気メニューです☛こちら

➠お弁当に
 

材料

  • じゃが芋・・大1個
  • 胡椒・・少々
  • 塩・・一つまみ
  • バター・・小さじ1
  • ピンクペッパー・・少々(無くてもよい)

作り方

  1. じゃが芋をよく洗って表面の土を洗い流す(皮は剥かない)。
  2. 5mmの幅に輪切りにスライスする。
  3. フライパンにバターを置いて弱火にかけ、2のじゃが芋を並べて塩一つまみ、胡椒をぱらぱらして蓋をして蒸し焼く(約6~7分)。
  4. 色よく焼き色が付いたら裏返し、少し火を強めて焼き色が付くまで焼く(2~3分)。
  5. ピンクペッパーを包丁の柄で潰してまぶしてでき上がり♪

|

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516876/48730316

この記事へのトラックバック一覧です: 厚切りじゃが芋のバターソテー(難易度1):