2010-03-14

食べ頃を迎えた里芋と揚げ高野豆腐の煮物:各論ばかりだと思ったら、やっぱり?

P3130006

 根菜の終わりは、その種を作付けする時期とほぼ同じですが、諏訪の気候は極寒のなので、他の暖かい地域よりも春の訪れが遅く、年越しした里芋はそろそろお終いだと言うのに、畑作りはまだまだです。今日は、一月に岐阜の友人からもらった里芋の最後の料理となりました。
 この時期になると、収穫直後のようなゴリゴリとした食感はなくなり、ねっとり柔らかな食感になりますが、これが本来「旨味の乗った里芋」と言うことです。この里芋を煮物にしようと思い立ったら、そのつるんとした食感に合わせて例の高野豆腐の揚げ出しの食感を一緒にどうかと思ったので、今日の煮物ができました。

Koyaeiyo_valueimg

 高野豆腐の揚げ出し(レシピ☛)の香ばしさが、煮物の味付けにプラスされた申し分のない出来上がりです。また、ゆで卵の半熟も、黄身のとろみが煮物と馴染んですっかり仲良しです。
 手順は、煮物の素材として下ごしらえするものを先に作り揃えます。
 まず、ゆで卵を茹でて冷水で冷ますまでのことを進めると同時に、高野豆腐を水で10分ほど戻し、片栗粉をつけて揚げます。この高野豆腐は扱いが楽で、簡単に戻せる上、揚げるときも油が跳ねたりしないのもポイントが高いのですが、なによりも食感がもちもちふわふわで、それだけでも癒されるので気にいっています。
 鶏肉に下味をつけて片栗粉を少々加えて下味をつけ、一番最初に軽く火を通します。これで、肉の旨味を閉じ込めるとともに、滑らかな食感になります。最後に、にんじんと里芋の皮を剥いたら調理にかかります。

P3120001

 生のにんじんと里芋に火が通ったら、他の具材と合わせて味付けをしますので、煮物と言ってもここからは短時間です。揚げた高野豆腐が煮汁をたっぷり含むので、お出汁は、是非とも花鰹で美味しい出汁を取ることをお薦めします。
 卵のゆで方も毎回同じことを言っていますが、失敗がない方法としてお薦めです。空気層の部分に針穴を開け、いきなり沸騰しているお湯に入れて茹でる方法です。茹でる時間さえ正確に計れば殆ど同じように茹で上がります。このレシピくらいの黄身の状態だと、8分です。

材料

  • 鶏もも肉・・1枚(340g)
  • 里芋・・200g
  • にんじん・・200g
  • 高野豆腐・・5個(100g)
  • 半熟ゆで卵・・8個
  • 鰹出汁・・300cc
  • 酒・・半カップ
  • 砂糖・・大さじ1
  • 醤油・・大さじ3

鶏肉の下味調味料

  • 塩・・小さじ1/2
  • 酒・・大さじ1
  • 片栗粉・・小さじ1

作り方

  1. 高野豆腐をたっぷりの水で10分ほど戻す。
  2. 卵の両端を見比べて、尖っていない方の先端に針穴を開け、沸騰したたっぷりのお湯に入れて8分茹でたら冷水にとって冷却する。
  3. その間に鶏肉を一口大に切って、下味調味料を絡めておく。
  4. 戻した1の高野豆腐の水気を固く絞り、4等分にして片栗粉刷毛でうっすらをまぶし、180度の油でふっくらするまで揚げる。(泡が静かになったらオッケー)
  5. にんじんは乱切りにし、里芋は皮を剥いて一口大に切り揃える。
  6. 大き目の鍋に油を引いて3の鶏肉の皮目から焼き、全体で八割方火を通して一旦取り出す。
  7. 引き続き同じ鍋で、にんじんと里芋の表面だけ炒め、分量の鰹出汁を加えて完全に火を通す。
  8. 酒と砂糖を加えて一煮立ちしたら鶏肉を加え、醤油で味付けする。
  9. 続けて4の高野豆腐と殻を剥いたゆで卵を加えて煮絡めたら出来上がり♪

注)ここで使用している卵は2Lサイズのため8分茹でますが、Mサイズなら7分くらいが良いです。

***
 最近、政治問題に関心が向かない傾向で、これはいけない事だと思うのですが、その理由に、各論ばかりで核心に触れないというのと、それが迷走と言われるゆえんで、それも自業自得ではないかと感じています。
 結局鳩山さんの指導力のなさだと叩かれてしまうのは、問題に対して右往左往してる感が顕著だからかと思います。問題を指摘されたり、政権内での反対意見に合うなど、それらの対処の仕方に問題があると思います。
 今更言うほどのことでもないですが、例えば沖縄普天間基地移転問題なら、日米安全保障条約に則って議論の展開をするのが筋だと思うのです。ですが、各論が前に出てくるので、様子を見ているしかないのです。関心が持てないというのは、何が起こっても常に各論ばかりだからなのです。
 どちらがどうだと言いたいわけではないですが、沖縄で反対する県民の声というのも、それがあっての移設問題なので充分検討される必要はあるとは思いますが、米軍が日本に駐留する意味が何か、そのためにどこに基地を置いたらよいかと候補を絞れば、自ずとその場所が見えてきそうなものですし、その候補地住民は、条件を出して歩み寄るというような解決はできないものなのかと思います。
 こんなことを言うと暴言になるかもしれませんが、市長選で、移設を受け入れないという事を公約に掲げ、それで当選したということに違和感があります。争いごとを全面に出した候補者が当選したということは、既に戦闘開始を容認されたも同然です。これは、傍で見てると異常な光景に映るのですが、そう感じるのは私だけなのでしょうか。沖縄県民のこの怒りの元というのは、長い年月をかけて蓄積されたものだと思いますが、移設問題が、その怒りを沈めるだけの目的ではないので、ここで各論になって欲しくないのです。そういうところに指導力を発揮するというのは、何も鳩山さん個人としてではなく、政府として日米安全保障の立場で指針を示すべきだと思います。そういうスマートなキレがないのが鳩山さん個人の問題ではあると思います。
 これだけ支離滅裂で、まだ40%も支持されているというのは何なのでしょう。仮に、支持しないと言っても、野党である自民党は既に崩壊なのか、空前の灯火?与謝野さんが今頃動き出していますが(新党?執行部刷新?…自民、与謝野氏に注目 本人は静観➠asashi.com)、ちょっと遅かったのではないかという気もします。日本の政治は、どっちを向いても各論で大騒ぎしているだけと違いますか。
 沖縄基地移転問題について各論しかできないとしたら、その理由は、「普天間飛行場が米側から返還された後も防衛省・自衛隊が管理する案が政府内で検討されていることが5日、明らかになった。」(産経ニュース2010.3.6 02:00)というシナリオがあるからでしょうか。つまり、政治家はお呼びでない、と。
 刷新会議といい、沖縄問題といい、政府のシナリオに乗っているだけ、これでいいのでしょうか。これが事実だとしたら(多分事実でしょう)、選挙してわざわざ議員を選出する意味がないので、国民の国に対する関心がますます薄らぎます。これでは、国民総生産を上げようなどといくら政治家が言ったところで、できることは概ね決まっていると言うことにもなり兼ねませんね。
 詳しい情報はこちらでどうぞ➠finalventの日記

|

コメント

これは美味しそうです。
中華好きだからそう見えるのかもしれませんが、広東料理と言われたらそう思うほど、何というかアジアの普遍性を感じる一品に思えます。

投稿: ふ゛り | 2010-03-14 20:18

ぶりさん、お味の方は超和風なのですが、卵を茹でて料理にポンと入れるのは、中国の料理に多いと思います。因みに日本ではおでんですね。中国と言えば、卵は大変貴重らしいですし、このような料理は高級感が漂うものかもしれません。
概ねおふくろ料理としての普遍性は感じます。

投稿: ゴッドマー | 2010-03-15 08:52

里芋、にんじん、高野豆腐、たまご、あり。
明日鶏肉買ってきて、コレに決まり!!

あげだし高野豆腐ってほんとにおいしいです。
うちも定番メニューですが、最初食べたときは
その食感にびっくりしました。

しいたけ、にんじん、たけのこなどと
炊き合わせにして、いんげんのせてお祝い膳なんかの
献立にもしてます。

でも、たまごと里芋と一緒にというこちらのレシピ、
がっつり系でこどもたちにもウケそう!

いつもありがとうございます。

投稿: みみこ | 2010-03-15 16:11

みみこさん、定番でしたか!話は早いですね。私がエントリー中に書いている揚げ方などもきっと納得されている事でしょうね。あのつるんとした食感に卵の黄身が重なって、里芋のネットリ感が何とも癒し系の料理になるので、はまります。

今晩美味しくできるのを祈っています!

投稿: ゴッドマー | 2010-03-15 16:20

昨日つくりました。こどものウケもばっちりで、
「おいもとおとうふがおいし~」とニコニコ食べてました。
鶏肉ではなくとりひき肉で代用しましたが、里芋のねっとりと、片栗粉がいいあんばいであんかけみたいになり
それもまたアリだな、と。

ゴットマーさんの影響で、とりだしのスープ、野菜だしのスープ、カツオこんぶのだしスープ、など、自然のうまみのスープが味を決めるなぁと思うようになりました。
それらを主役に考えると、野菜がたっぷり食べられる胃にもたれない献立になります。
油をあまりつかわなくてもそれらのうまみは十分なコクになりますね。

次は、調味料を厳選していこうかな。
また長々と、失礼しました。

投稿: みみこ | 2010-03-17 16:19

みみこさん、いずれにしても影響が良い方向であるのがもっとも好ましいですし、何よりも食卓で料理を中心に会話が弾むというのは嬉しいことです。

そして、私が最も苦労する、料理を伝える難しさは、やはり伝える側の問題なのだと改めて思いました。

投稿: ゴッドマー | 2010-03-17 19:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516876/47804936

この記事へのトラックバック一覧です: 食べ頃を迎えた里芋と揚げ高野豆腐の煮物:各論ばかりだと思ったら、やっぱり?: