2010-01-07

大根と冷凍茹で蛸のガーリックパン粉焼き:ほとんど破綻?「友愛」を生かして!起業チャンス到来なのかも

P1050002

 うっかりするところでした。そう、お正月の名残の冷凍の蛸です。お正月用にと思ったのも確かですが、割りと常備しているのが冷凍の茹で蛸です。お刺し身やオーブン焼き(レシピ☛)、炒飯(レシピ☛)、おでん、煮物(レシピ☛)、たこ焼き(レシピ☛)に、とかなり重宝します。あまり長期になると冷凍焼けになってしまうので、こちらも早めの消費ということで、今日は、旬の甘い大根のソテーに乗せてガーリックパン粉で焼きました。
Iphone_014  大根とほうれん草はほんの思いつきなので、必ずしもで大根である必要はないのですが、出来上がってみたらあっさりした大根のソテーがとてもよく合いました。また、オーブントースターにこじんまり納まるサイズなので手ごろです。出来上がる頃には大変香ばしい、食欲をそそる香りが部屋中に立ち込めます。
 蛸を加熱すると困りものなのが、水分と一緒に旨味が出てしまうことです。うっかりすると小さく縮んで固くなってしまいます。そうならないように、水分の多い大根を座布団にし、蛸の上には混ぜ物をしたパン粉をたっぷりと乗せました。パン粉に焼き色が付いたら出来上がりというスピード料理でもあります。メインとしてはボリュームがやや足りないので、スターターかお酒のお供にどうかと思います。が、我が家の食べ盛りの息子は、メインとしてかなり満足していました。兎に角美味しいという評判でよかったです。

P1050005

 作り方は二段階に分かれます。大根を米のとぎ汁で茹でます。直ぐに火が通るように1㎝の厚みにしました。沸騰したら火を止めて、蓋をして余熱で10分ほどおくと透き通ったえぐみのない大根の下茹でが出来ます。大根に火を通している間に、蛸を切って、ガーリックパン粉を作ります。大根に格子縞の飾り包丁を入れ、オリーブオイルで薄く焼き色を付けます。天板の上に大根を並べ、その上にスライスした蛸、ガーリックパン粉をたっぷり乗せ、230度で10分焼きます。その間に、皿にほうれん草、絹さや隠元を盛り付けておきます。焼き上がった大根をそっとほうれん草の輪に置いて完成です。
 ガーリックパン粉に塩味と色々な風味が付いていますので、ソースはなくてもそのままで充分美味しく、さっぱりした味付けが大根と蛸を引き立ててくれます。

材料 (三人分)

  • 大根1㎝の輪切り・・6枚
  • 蛸・・足の太い部分150g
  • 付け合わせの野菜:茹でた絹さやエンドウとほうれん草

ガーリックパン粉ミックス

  • パン粉・・カップ1/2
  • にんにくのみじん切り・・1片
  • パセリのみじん切り・・適宜
  • 塩・胡椒・・適宜
  • オリーブオイル・・大さじ1
  • サボりー(泣ければオレガノ)・・少々

***
 デフレスパイラルにすっぽりはまった日本を立て直すのは、金融政策しかないと思っていましたら、藤井財務相の退任が固まりました(参照)。鳩山政権による政治力は益々期待できないのだとつくづく思います。
 就任当初、藤井さんは、議員を引退する表明をしていたにもかかわらず、ご老体に鞭打つようにカムバックされたような状態で、期待するよりもお気の毒にと思ったものでした。そして、藤井さんでなかったら、では一体誰が適任だったのかと問われると、誰も他に思いつかなかった私でもありました。ここへきて、なんだかお疲れが表情に表れていますね。このように、年齢による体力の限界として幕を閉じることができるうちでよかったのかもしれません。お疲れ様でした。
 お先真っ暗なこれから数年先を思うと、もはや政府に期待は出来ません。と、こうやって真空鳩山(大風の目)の周囲には異様なエネルギーが発生して、その速度を速めてゆくのでしょうか。労働力の内需拡大により、国民生活に活気を齎すような政策などに期待は出来ませんから、若手の働き盛りの世代には、大いに起業を期待します。働き場所を自ら生み出せたら強みだと思います。そして、私自身にそのような才能があるかと考えるに、「ああ、私には無理」と昨日も思ったところです。
 先日こちらで「たった2つ!の生地で作れるパン」相原一吉のパン作りを紹介しましたが、この本の推薦者と、このパンが朝焼きたてで食べられるにはどうしたものかと話しました。勿論、この話は、私から提案したのではありません。ここが、「起業」のお話のポイントです。
 そもそも、発明のためになくてはならない素質や才能というのは、言葉はあまりよくないですが、面倒くさがりな人や不精者というような人に存在すると思います。何かをやろうとする時に、「面倒くさーい!」と咄嗟に思うような部分に開発の余地が潜んでいていて、見つけやすいのではないかと思うのです。ここに目をつければ、場合によっては起業のチャンスにもなると思います。そのためには起動力も必須ですが、そこが伴わないから一線から逸脱する人が多いのだと思います。せっかく持って生まれた「不精」の素質を活かせないでおわッチんグな人、沢山日本にはいます。勿体無い。
 で、私のような一見器用で何でも出来そうな人は、まったくその可能性すらありません。理由は、対象に合わせる柔軟性が邪魔するからです。難なくこなす能力の持ち主は、自前の力量でそこそこまで出来てしまうので、困ったり面倒臭がったりする必要が発生しません。不精な人からは、はっきり言って「信じらんなぁーい」というくらい化石人間です。自分でもよくわかっているので、将来的に発明主婦など目指していません。でも、そういう私にもチャンスがあるとすれば、超不精者を発案者としてパートナーに迎え、私は、持って生まれた器用さを生かしてせっせと物作りに勤しむということなのかな。一人の力では限界がありますから、足し合うことで未知の可能性はあると思います。
 ここを読まれる人の中に「あ、私、素質あるかも!」とひらめいた人もいる事でしょう。今からでも遅くないですよ。私に一声掛けてくださいね。
 

|

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516876/47225584

この記事へのトラックバック一覧です: 大根と冷凍茹で蛸のガーリックパン粉焼き:ほとんど破綻?「友愛」を生かして!起業チャンス到来なのかも: