2009-12-21

スロークッカーで作るミネストローネ:奇跡はもう起きているのだわ

Pc160005

Img_0322 ミネストローネは、長く煮込まなくても割りと短時間でできる料理だからと、わざわざスロークッカーで作ることもないと思っていたのですが、よく考えたら食材の繊維を壊さないで料理ができる利点は、例えばじゃが芋などは煮崩れを起こさないのです。また、調理後の保温時間である6時間は、低電力で出来上がったまま帰宅を待っていてくれます。案外いいかも、と思い直して試しに作ってみました。 
 とにかく材料を放り込んでからスイッチを入れたら出来上がるという手際の良さと、絶対的な美味しさを実現しなければスロークッカーの意味がないのです。
 ここで気にかかったのが、トマトの旨味です。フレッシュトマトは幾分か煮込んだり炒めたりしないと味が凝縮しませんから、旨味がまとまりません。通常なら、他の野菜と入れるタイミングが違いますが、かと言って濃厚なケチャッImg_0323プやトマトピューレーだけではなんとなく甘くなりそうです。今の段階では、これだけは別鍋で煮詰めて、コクのあるソースとして作る必要がありそうです。
 発想を変えると、このソースは好みで例えば、HEINZのトマトスープやデミグラスソース、レトルトのミートソースなど好みのものがあれば即座にアレンジ可能な部分です。
 今回は、野菜も全てオリーブオイルで炒め、旨味を凝縮させてから煮込むようにしました。そして、始めから炒めてある具材なので、加えるガラスープも温めてから内鍋に移しました。結果、調理時間は2時間で「煮込み」にセットしました。
 今までスロークッカーを使ってみて感じるのは、食材の旨味は十分染み出してくるのですが、「煮詰める」ということができないので、例えば今回のようなスープや肉の煮込み料理などは、さっぱりした出来上がりになります。そういうわけで、旨味の元を最初に引き出してから少な目の水分量で煮込むとよいと思います。料理によって、これらをスロークッカーの短所とするのなら、それをカバーしつつ、忙しいスケージュールに合わせるようにセットして調理できるのではないかというのが今日のレシピです。ね、仕込んでおくとやはり助かるものです。

Pc160001

材料

  • ガラスープ・・1000cc
  • ベーコン・・4枚(60g
  • 玉葱・・200g(1・2個)
  • 人参・・120g(1本)
  • セロリ・・1本(茎)
  • ブロッコリーの茎・・1株分
  • 赤ピーマン・・1個
  • じゃがいも・・200g
  • にんにく・・1片
  • バター・・20g
  • オリーブオイル・・大さじ1
  • パルメザンチーズ ・・適宜
  • ローレル・・1枚
  • 完熟トマト(冷凍保存)・・100g
  • ハインツのケチャップ・・半カップ
  • 白ワン・・1/2カップ

作り方

  1. 全ての材料を揃える。
  2. ベーコンは短冊に、にんにくはみじん切り、その他の野菜は1cm角の大きさに揃えて全て切る。
  3. フライパンにオリーブオイルを引いてにんにくから香りを出し、ベーコンと玉葱を加えて玉葱が透き通るまで炒める。
  4. 次にセロリとにんじん、ブロッコリーの茎を柔らかくなるまで炒め、赤ピーマン、じゃが芋を加えてさらによく炒める。
  5. 同時に鶏ガラスープを温める。
  6. 4の野菜と5の鶏ガラスープをスロークッカーの内鍋に移し、ローレルを加えて、「煮込み」2時間で調理をスタートする。
  7. 同じ鍋で、トマトケチャップと皮を剥いた完熟トマト、白ワインを半分の量になるまで煮込んでスロークッカーに移す。
  8. 最後に塩と胡椒で味を調え、パルメザンチーズを散らして出来上がり♪

***
 現実逃避ということではないけれど、山の手に向かってジョギングしたり、流れ星に密かに願いをかけたり。そういう時間にいる時に、この現実こそがもう既に奇跡としか言いようのないことなのではないかという気がしてきます。人間の生み出した全てのことが、予期されれぬままに次から次に重なり合って今がこうしてある。と、そのように考えると、今地球があるのは、偶然と偶然が重なった奇跡のようなものかもしれないです。地球の温暖化を食い止めるというような大仕事は、果たして人類の英知でできることなのだろうか。
 COP15は、期待をよそに終わった。まあ、個人的には殆ど鳩山さんに期待などというものはありません。残っているのは、京都議定書だけですね。世界に公約した、CO225%削減の実現は、日本にとって簡単なことではないはずです。というより、不可能なことだと私は感じていますが、鳩山さんの人徳というべきか、COP15にしても、この削減公約に関してもあまり否定的に大騒ぎされないのですね。
 政権交代直後の支持率は、またあれは特別な数字だったとは思いますが、現時点での59%支持率も、政治力に対しての評価としては驚異です。因みに前防衛大臣の石破さんは、鳩山さんに点数をつけるとしたら総じて20点、統率力はマイナス20点だそうです。 野党とはいえ、辛い点ですね。
 鳩山さんが野党時代に与党批判した内容は、殆どマニフェストに盛り込まれ、国民はいみじくも期待を寄せて政権を任せたのだと思います。つい最近の報道では、子ども手当も所得が基準になるという流れのようですが、これは自民党政権時代のそれと結局同じです。
 いい加減国民も、夢物語じゃ事は進まないということがわかって来たのではないかと思うのですが、それでも59%の国民は評価しているですね。私には、何をもって支持しているのか、また、これが何を意味するのかさっぱり分かりません。まあ、鳩山家の家系図には歴史として刻まれたわけです。
 地球が少しお熱を出しちゃっても私達はまだ生きていられて、そうね、諏訪湖もまだ今年は凍らないけど「今年は暖かくていいね」と、暢気な挨拶などしてこの奇跡の中にいられるのだわ。
そういえば、私の個人的な奇跡は何処へ。

|

コメント

ゴッドマーさん、はじめまして。
お料理の教科書として、そして時事の読み物も面白く、更新を楽しみにしております。
ウーウェン・パンを使ったレシピで検索して辿り着いたのは今年の夏前だったでしょうか。
どんどんファンになってしまい、わたしのweblogからリンクさせて頂いきたいなあ。と思うに至りました。
広東省在住なので、ネット規制が厳しく、マカオ、香港、日本に行かないとコメントをすることが出来ないのですが(閲覧はセーフです。)よろしくお願いします。
家族や友達にもこの素敵なweblogを知ってほしいなあと思っています。
どうぞ たのしい年末年始をお過ごしください。^^

投稿: aiai | 2009-12-21 16:53

aiaiさん、はじめまして。
まー、この年の瀬に素敵なコメントを頂いて嬉しいです。お献立のお役に立っているのが一番の励みです。

私も時々中華食材を頂いたりするので、その折にはレシピの開発に勤しんでいます。中国もいろいろな食材があって楽しいです。

時事問題を取り上げたエントリーが面白いと聞いたのは、もしかしたら始めてかもしれません。私が好きで書いていますが、子供達もここを読むので少しは日本のことを伝えたいと思う気持ちもあったりしますが、海外に住むと、もっと日本人は日本を大切にしたら良いのになどと思うこともあるかと思います。また、おいおいにお話しましょう!

これを機会によろしくお願いします。
リンクの件、お気兼ねなくどうぞ。

投稿: ゴッドマー | 2009-12-21 18:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516876/47073822

この記事へのトラックバック一覧です: スロークッカーで作るミネストローネ:奇跡はもう起きているのだわ: