2009-10-22

バジルのミニハンバーグ煮込み:どうも気になって仕方が無い報道から聞く言葉

B0189012_633863  諏訪のさざなみ生鮮市場に買物に行く途中、しばらく湖畔端を車で走るのですが、最近、平日でもジョギングをしている人を多く見かけます。また、私が走る立石公園への道も、日中高校生がよく走っています。秋だし季節かーと、のんびり思っていましたら、湖畔のヨットハーバーに大勢のマラソンランナーが本格的な格好で整列していて、よく見ると長野県代表駅伝選手選考会でした。全国版に載る例の駅伝大会出場選手らです。すんごく逞しい体つきで、傍で見たのは初めてでした。普段鍛えている人は違いますね。そういえばオリンピックの100m走者、塚原 直貴君は娘の先輩で、彼が高校で走っている頃も短距離走者独特の凄い筋肉をしていました。秀でた人というのは違いますね。
 私のジョギングも11月が来ると一年半になります。 こっちはへなちょこですが、早朝に行き会う人から「諏訪湖マラソンに出るんでしょう?」と声を掛けられます。そ、そ、そんな滅相も無い。恐れ多いというのと、そういう大会で力試しなんてする必要はないです。淡々と毎朝体の目覚ましと体長を整える程度に楽しく走っているだけで十分ですから。それと、あり得ないとは言われますが、熊に襲われる事件を聞きますと少しは効果も期待して、鈴をつけています。北海道の黒岳の山小屋のおじさんの手彫りです。この鈴がなかなか大きな音で、夜中じゃなかったら恥ずかしいくらいです。

Pa200006

3  さて、今日はたっぷりとフレッシュバジルを加えた合い挽きで、小さなサイズの煮込みハンバーグです。大きさは二口で食べきれるほどの大きさです。こじんまりしているので作りやすく食べやすいサイズです。また、お弁当にも丁度よいサイズです。大きなハンバーグだと、食べる人に合わせて大きさを変えますが、このサイズだと個数で調整できるのでよいです。但し、小さいからといっても焼き方は大きなハンバーグと同様に、表面は香ばしく、中はジューシーに焼くのがコツです。
 この秋、このバジルが最後だと思います。うちのベランダのは、とっくの昔に枯れて、来年のために種を取っておきました。5さざなみ生鮮市場のお婆様達は、上手に育てるものです。青々としたバジルの葉と実の部分を千切ってみじん切りにし、生の玉葱と一緒に肉と混ぜ合わせて卵でつなぐだけです。この分量だと、5cmで厚みが2cmほどのミニハンバーグが12個できます。
 最初は弱中火くらいでゆっくり焼きながら表面に焼き色を付けて裏返します。この時既に半分くらいは焼けています。裏返したらやや弱い火加減にして中まで火を通します。全体で12~3分です。ここで一度取り出して、残った肉汁をソースのコクに使ってトマトと白ワインを煮込みます。最初の量の半分くらいまでゆっくり煮込むと、トマトの酸味がまろやかな旨味になって、角が取れたソースになります。トマトのソースは必ず煮込むとよいです。ここに肉を戻して煮立ったら出来上がりです。途中、バジルの香りがとてもフレッシュで、お腹がグーッとなりますよ。

Pa200002

材料

  • 合い挽肉・・350g
  • フレッシュバジル・・20g
  • 卵・・1個
  • 玉葱・・半分
  • 塩・・小さじ1/2
  • 胡椒・・適宜
  • 砂糖・小さじ1
  • カットトマト缶・・400g
  • 白ワイン・・大さじ3
  • にんにくのみじん切り・・1片
  • 砂糖・・小さじ1
  • 付け合せ野菜・・ほうれん草・トマト・紫芋

作り方

  1. 玉葱とバジルはそれぞれみじん切りにする。
  2. 挽肉は冷蔵庫から取り出して、冷たいうちに肉を潰さないように練り合わせ、塩と胡椒で味付けする。
  3. 続けて卵を加え、よく混ざったら1の玉葱とバジルのみじん切りを加えて馴染ませる。
  4. 12等分して、手のひらで丸型にし、最後は中央を少しくぼませる。
  5. 付け合せの野菜を用意する。
  6. 大きなフライパンに油を引き、中火に掛けて4の肉を並べる。
  7. 蓋をしないで肉に焼き色がつくまで焼いたら裏返し、中央のくぼみが膨らんだら皿に取り出す。
  8. フライパンに残った肉汁ににんにくのみじん切りとカットトマト、白ワインを加え、半分になるまでに詰める。
  9. 砂糖を隠し味に加え、塩で加減をしたら7の肉を戻し、一煮立ちさせたらでき上がり♪

【お弁当に】

B0189012_611918_2


*
*
*

どうも気になって仕方が無い報道から聞く言葉

***
 足利事件のことをいろいろ言う立場にも無いことは承知しています。この事件に関してではなく、この再審裁判の事を報道するNHKのアナウンサーが「自白させられた」と連発しているのを聞いて、それは表現が違うと思いました。私が言いたいのは、NHKという国営放送の立場からの言葉の使い方です。
 この言葉の何にひっかかるかというと、菅家さんを被害者として擁護する、アナウンサーの個人的なスタンスを含んでいるということです。そのように聞こえるのは、私だけでしょうか。
 取調べの際、自白を強要されたのはそうかもしれませんが、自白をしたのは菅家さんの意思に基づくものです。「させられる」のような事実は存在しません。違う言い方をすると、そこから伝わってくるのは「被害者としての訴え」のような気持ちがそのような表現になったのだと解釈はできます。人の意思を他人が操作できる事自体が有り得ないことなので、日本語として変な表現で、そのような使い方は適切ではないと思います。また、その微妙なやり取りがテープに存在し、何かを立証させるために今回の裁判のキーになってるのだとすると尚更の事、言葉は大切です。で、菅家さんご本人も「言わされた」と発言していますが、大衆の悲哀をそそる言い方で、集団心理、特に日本人の場合は情に絆されやすいので注意して聞くべきと思います。
 菅家さんの場合は、少し態度が変化したかに感じました。釈放直後の様子は腰が低く、涙で喜びを語るに尽きるような記者会見でしたが、昨日のインタビューでは怒り心頭の勢いでした。これは裁判前のパフォーマンスかもとも思いますが、菅家さんに対する批判の意味ではなく、悲哀を訴えて人の同情が集まると、気持ちが大きくなるものです。また、同情している周囲は、裁判での争点という意味で、本質から意識が遠くなり、正確な物事の判断を狂わすことにもなります。そもそも裁判とは、正確な実証だけで裁かれているわけではないとも思うし、そこは難しい部分です。菅家さんご本人が何をするのも個人の責任においてですが、NHKの放送は、広義に運営されていることですから、菅家さん個人の利益になるような言葉の使い方は改めるべきです。 
 と、言うことをNHKに言えばよいのですが。大昔はよく質問状を社会部や政治部に出したものです。アレもコツがあって、質問から入って相手の返答に隙を見つけて突っ込みを入れると、割と本音が出てくるのですが、最初から抗議のような内容だと、下手をすると返事も返ってきません。今から思うと非常に高飛車だったと思いますが、話を聞きたいという姿勢さえあれば、かなり説明をしてくれました。新聞の社説へも同じでした。が、今はなんだかそういうことを切り出す元気がなくなりました。
 言う側の問題としてはNHKが公共の立場を取るべきなので少しここで批判などしますが、菅家さん個人にとっては、大衆の注目を集めたい意図的なことが、裁判前の行為としてあるのかもしれません。だから、聞く側の問題として、私は心しています。私も含めて、いつ、誰が裁判員に選出されないとも限りませんし。裁判が公正で正しく行われ、徹底的な真理探究の神聖な場となることを願います。

|

コメント

バジルとトマトがまさにイタリアンハンバーグですね。

このタネはトマトシチュー風な中に入れても、グリルしたりしても美味しそうです。

こんなに美味しい洋食が食べられるのなら、ガラスの近くの湖畔には行かなくても大丈夫ですね(笑。

投稿: ふ゛り | 2009-10-22 21:16

ぶりさん、バジルを見たらこういう組み合わせが直ぐに浮かぶのはいいのですが、やはり美味しいお店で食べて勉強するような刺激的なものが欲しくなりますよ。たまには。

レストラン>性懲りも無く、やはり一度は行くと思います。通るたびに気にかけるのですが、車はあまり駐車していない模様です( ̄ー ̄)ニヤリ

投稿: ゴッドマー | 2009-10-23 05:03

お久しぶりです。はたはたです。
ベランダのバジルが気になっていました。まだ柔らかそうでキレイな葉っぱもあり、
かといって乾燥バジルにするほどの量もなく、
でも「今年はおしまい」にもできずにいたので、グッドタイミング!と作ってみました。
ミニってところと、肉と玉ねぎと卵だけ(パン粉や牛乳などを使わない)ってところが、
簡単で美味しそう!と思ったくいつきポイントです(笑)。

おかげで、肉好きの夫が喜ぶ夕飯になりました。
ホールトマト缶で作ったこともあり(酸味を抑えるため、種はザルで取り除きました)、
ソースの量が多く、トマトシチューのようになったので、添えようと思って茹でておいたニンジンとブロッコリーも
最後に入れていただきました。
美味しかったです! ありがとうございました!

投稿: はたはた | 2009-10-24 11:15

はたはたさん、こんにちは。ちびさん達も元気にしていますか。

食いつきの下りがあっけらかんとしてはたはたさんらしく感じますよ♪煮込みハンバーグもそうですけど、ハンバーグってソースが決め手で、あとは肉の食感が大きなポイントかな、と。家で採れた物って香りにも愛着を感じますよね。レシピがタイムリーにお役に立って嬉しいです。

じゃが芋の蒸したのもぐーっどです。ソースは多い分は保存しておいて、ドミグラスソース的な用途で使いまわすととっても美味しいですよん。では、また精進してくだされ!

投稿: ゴッドマー | 2009-10-24 15:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516876/46549869

この記事へのトラックバック一覧です: バジルのミニハンバーグ煮込み:どうも気になって仕方が無い報道から聞く言葉: