2009-07-12

息子の極め付きイタリアンチャーハン(炒飯):ポイントの高い冷ご飯 

P7110008

 こんなチャーハンはお弁当にはどうかなと、味の点で半信半疑だったのですが、息子からかなりいい線イッテいたという感想を聞いて、お弁当にしてよかったです。
 「イタリアンチャーハン」などと呼ぶお料理が本来あるわけがないので、タイトルにするのもどうよと思うのですが、トマトの炒飯ですから。オレガノの風味が効いているので、オッ、イタリアンだっ!と思いますよ、やはり。
 思いつきで作ったわりには美味しかったのでここで紹介します。お弁当にもお勧めな理由があるので、レシピをチェックしてみてくださいね。
125pxflag_of_italysvg そもそも、トマトを炒めて溶き卵でスクランブルエッグを作ったのがきっかけです。トマトをオリーブオイルと一緒に最初にしばらく炒めると、トマトの酸味と甘味が凝縮されます。これを溶き卵でまとめてふんわりとさせたのがトマトのスクランブルエッグです。この炒飯の具は、卵でまとめる前の段階でベーコンとピーマンのみじん切りを一緒にトマト果汁で炒め煮します。ここでしっかり味を付けをするというわけです。次に、溶き卵を加えて、ゆるゆるの段階でご飯を加えます。煮詰まって凝縮された煮汁をご飯に吸い込ませるようなイメージで、できれば鍋などあおれるとご飯が空気に触れてパラパラチャーハンが完成します。とても簡単です。
 チャーハンにしては塩は少なめですが、トマトの酸味がしっかり利いているので、味が薄いとは感じません。炒飯は時間が経つとご飯が塩分を吸い込んで、全体にボケた味になりますから、どうしても濃い味付けにしたくなりますね。そこでトマトの酸味が活きてくるのですが、酸味は塩分とはちがった働きをするので相乗効果を起こすのか、しっかりとした味付けに感じます。また、最初にトマトの果汁と塩分でベーコンとピーマンを炒めて味をしみ込ませてあるので、ご飯の中での具の存在感ははっきりあります。

P7110005

 チャーハンは、「スピードと火力が勝負」のような作り方も時には必要ですが(レシピ☛男がまいる炒飯とは)、ここでの作り方は、ゆったりペースで大丈夫です。強いて言えば、トマトの果汁を煮た後にご飯を炒めるので焦げ付きやすくなりますから、フライパンはテフロン加工が良いと思います。
 また、冷ご飯の基本は単に残ったご飯ではなく、硬めに炊いたご飯が冷たくなったのがよいです。さらに贅沢を言うなら、硬めに炊いたご飯がお櫃で冷めたご飯です。炒飯がパラパラしていなくてもそれなりですが、もしもべた付いていないのをあえて作りたいとあらば、炒め方を四の五の言う前に炊き方です。そう言えば、「タイ米(☛参照)」の炒飯は美味しいです。あのポロポロぼそぼそ感と独特の味は、日本のお米の冷ご飯以上の優れものです。どんどん話がエスカレートするので、この辺でやめておきます。
B0189012_7241318  因みに、エキサイトブログの「godmother'sミニブログ」で、備忘録として息子のお弁当の携帯画像を毎朝アップロードしています。ご自由に覘いてください。サイドバーのカテゴリー「お弁当」でどうぞ。 ☛godmotherのミニブログ

材料(一人分)

  • 冷ご飯・・茶碗一杯半~2杯
  • トマト・・100g(中位のを半個)
  • 卵・・1個
  • ベーコン・・40g
  • ピーマン・・1個
  • 塩・・小さじ1/2
  • 胡椒・・適宜
  • オレガノ又は好みでバジル・・少々
  • オリーブオイル・・小さじ1

作り方

  1. トマトは1cmの粗みじん切りにする。
  2. ベーコンは5mmサイコロに切る。
  3. ピーマンはみじん切りにする。
  4. 卵は割りほぐしておく。
  5. フライパンを中火で熱し、オリーブオイルでトマトを炒める。
  6. トマトから果汁が出てきたらピーマンとベーコンのみじん切りを加え、塩、胡椒する。
  7. 煮汁が半量になったら溶き卵を加え、半熟状態になったら冷ご飯、オレガノ又はバジルを加えて煮汁を絡めながら良く炒めてでき上がり♪

村上春樹の『1Q84』読むと、料理に向かいたくなり、トマト・チャーハンを作るのだった。  ulalaさんちのご飯

画像をクリックすると記事にジャンプします



いただきます yellowbellさんちのご飯





ぱちこさんのイタリアン炒飯 88 Lunch Box

 

|

コメント

「炊いてから炒める」のは確かにチャーハン式ですね。リゾットだと順番が逆なんですが。トマトのリゾットも美味しいですよ。

投稿: ねこだいすき | 2009-07-13 22:11

ねこだいすきさん、おはようございます。

ご飯側からみたら確かにリゾットもですね。そう言えばつい先日もパエリアを作ったばかりですが、トマトとお米の相性は抜群ですね。

リゾットも試してみましょうかね。その場合、トマトはいつ、どのような形で投入するといいのでしょうね。一工夫必要かもですね。

投稿: ゴッドマー | 2009-07-14 06:16

事後報告。
うちの翌日の弁当は、この焼き飯と、きんぴらごぼうと、インゲンのいためた物と、夕方にこれまた豚肉のソテーマーマレードソースに触発されて、ぶりのソテーに、マーマレードと煮詰めた赤ワインとしょうゆとバルサミコで作ったソースをかけたものを入れました。
そして自分は、夕食の支度をして、夜のライブ会場へいそいそと出かけたのでした。

投稿: ulala | 2009-07-14 16:45

ulalaさん、ご連絡、トラックバックなどなどありがとうございます。

なんだかこっちが触発されそうなアレンジ例ですことっ!アイデアマンですね。味の設計が個性的で且つ、美味しそう。バルサミコとオレンジマーマレードは一般的ではないけど、どうだったのでしょうね(謎

liveかぁ。もう何年も行っていませんよ。燃焼してしまった感もありますが。間が空くと気恥ずかしさの方が先にたつ年齢です(私は)。拝

投稿: ゴッドマー | 2009-07-14 17:01

はじめまして。
イタリアンチャーハンがおいしそうで早速真似しました!
お弁当にピッタリで本当においしかったです。

私の未熟なお弁当ブログにリンク貼らせて頂きました!
またいろいろなレシピ参考にさせて頂きます。


投稿: ぱちこ | 2009-07-22 21:26

ぱちこさん、おはようございます。

ご連絡ありがとうございます。早速拝見させていただいて、ここでは恒例ですが、画像も頂いて来てこちらで紹介させてもらっています。ブログを公開しているとこのような交流ができるのでワクワクします。

お役に立てて嬉しいです。参考になるような料理はいつでもピックアップして試してみてください。何か不備でもありましたら是非教えてくださいね。(分量表示など良く間違えますから(^^ゞ)

投稿: ゴッドマー | 2009-07-23 05:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516876/45605240

この記事へのトラックバック一覧です: 息子の極め付きイタリアンチャーハン(炒飯):ポイントの高い冷ご飯 :

» 村上春樹の『1Q84』読むと、料理に向かいたくなり、トマト・チャーハンを作るのだった。 ulala's book of 7/12? [だからオレは泌尿器科医でおしっことちんちんの医者なんだってば!]
nbsp;?7/12 10:09『1Q84』読み終える。ひとつひとつの言葉をかみしめるように読み進んだ。物語は、一見宙ぶらりんのように終末を迎えた。しかし語るべきことは語られ、ベクトルの矢はきっちりと絞られた。解き放たれた矢、あるいは充填された弾丸は、弾道に沿って間違いなくあなたの大脳皮質をぐちゅぐちゅにして頭骸骨反対方向から飛び出してゆくだろう。その時に物語は語られるかもしれないし、語られないかもしれない。確かに説明しなくてはわからないことは、説明してもわからないことなのかもしれない。し... [続きを読む]

受信: 2009-07-14 13:27