2009-01-23

鶏の胸肉アドボー(Adobo=フィリピンの鶏肉煮込み):スロークッカーの威力でやってみた!マジ美味しい

         【画像は全てサムネイルですから、クリックして詳細を見ることができます。

P1220011_2
 昨日の雛豆のトマトスープが好評で、自分の手柄でもないのに大変気分が良く、調子付いて、頭にあるのがスロークッカーの手腕で何を作ったろうかばかりです。
 いつものように献立を考えずに肉や魚をぽんぽん買う私ですから、あるもので献立を考えるのは得意なはずです。今、冷蔵庫に在って使い切りたいのが鶏の胸肉。食べたいのが、あっさりした物。さて、しばらく思考が止まっちゃうんですけど、スロークッカーの煮込みの手腕で胸肉というのは如何なものかという疑問です。これまでも、ビックル液に漬け込んで蒸してハムを作ったりはしていました。硬くなってもハムだしなぁと、妥協の線も出るのですが、なかなか決まりません。こういう時にスロークッカーのおじ様ならすぐに、ポンポン、ポーンってレシピが飛び出すのでしょうけど。あーぁ、けっこう頭硬いかな私、それに女だし、と。
 あっさりとした味付けというと酸味です。酸味で鶏肉といえばアドボーという訳で、試しに作ってみることにしました。ジューシーで、肉質が柔らかく出来上がらなければ意味が無いので、どちらかと言うとこの料理も胸肉での実験です。
 決まれば簡単です。下準備としては、料理のコツに書いてあるとおり、かたまりの肉は下茹でした方が良いらしい。ふーん、それは、きっと「灰汁が染み出し、それと一緒に濁った味付けにならないためじゃないかしら。」とか、けっこう独り言を言いながらやっている自分です。茹でると言ってもサッと熱湯にくぐらせるだけで、お湯はすぐに白濁します。この程度。あとは、内鍋に並べて、にんにくを包丁の柄でブチッと潰してのせて、味付け液を流し込んでスイッチONです。

P1220009

 で、出来た!
これだけですが、アドボーの香りがたまらなくいい。最初、8時間で「弱」かしらとセットしたのですが、下茹でして肉が温まっていたからだと思うのですが、その良い香りの時に蓋を開けて弾力を調べると「もう少しだ」という声が聞こえてきました。意外な速さで出来ると悟った次第です。結局、都合2時間で加熱をやめて、冷めながら味が入っていくという料理の原理に期待し、そのまま冷ます事にしました。
 午前中にこんなことをしていましたら、娘からメールで、病院でA型インフルエンザだと診断され、初めてかかったインフルエンザの感想等、実況で知らせてきました。こちらは購入したばかりのスロークッカーの威力などを伝えましたら、「何その劇的な器具は!」と、網に掛かったもよう(ぅしし)。こんな時にこそ、ご飯と牛乳でミルク粥とか寝ている間に出来るのにと、ひどく残念というか、欲しがっていました!一家に一台ではなく、うちのばらばらな暮らしでは、一人一台の孤食の道になりそうな気配ですけど、その先にこの美味しさが拡がるのではないかということも期待します。
 にんにくが青緑色に変色している件ですが、これは毒なんじゃないのか?調べてみると、こう☛Wikipedia 

ニンニクを摺り下ろすと、稀に青くなることがある。これはクロロフィルの色であり、体に影響はない。

ニンニクは通常休眠状態で流通されるが、保管状態が悪い(野積みした場合など)と芽だし寸前の状態になり、この状態で摺り下ろすと光に反応してクロロフィルが生成され、これが青く見える。

らしい。

もう一つ☛Web「にんにくの里」

丁度芽が出始める時期に当たった為でしょうか。

 材料は、私のアドボーのレシピ(☛参照)を参考にしましたが、その時の鶏のぶつ切り500gに対する調味量よりもぐんと少なめな比率です。並べた肉がかぶる程度であれば良いので、見分量で酢と水を最初に加えてみた結果です。今回の胸肉は2枚で780gで、肉の嵩というよりも、質量は多く、それに対する味付けを思うともっと多くなってもよさそうですが、実際は半分以下の酢と水を半々でカップ1杯です。ナンプラーも大さじ1だけです。アドボーの食べ方として、この煮汁をご飯にかけるので、嬉しい分量でした。

P1220002 P1220003 P1220006

 ご飯と野菜にアドボーのスライスを添えて、煮汁を掛けてワンプレートディッシュです。ちょっと!ご飯を食べ過ぎないで!って言われそうなくらい、実に美味しいアドボーが完成しました。
 お試し料理で少しずつコツを掴みながら、展開が楽しくなってきました。何かの歌に、「退屈な毎日が急に輝きだした・・・」みたいな歌詞があって、はて、誰の歌だっけ?思い出せないので落ちがつかないという惨めな終わり方ですが、そんな感じ。専業主婦の私のささやかな楽しみです。

材料

  • 鶏胸肉・・2枚(780g)
  • にんにく・・2片
  • 酢・・90cc
  • 水・・90cc
  • ナンプラー・・大さじ1
  • 付け合せのサラダ
  • クッキングシート・・適宜

作り方

  1. 1リットルの水を沸かし、沸騰したら胸肉の皮目を下にして、10秒くぐらせて下湯でする。
  2. 1の引き上げた肉の水気をふき取って、皮目を下にスロークッカー並べ、潰したにんにく、酢、水を加えてクッキングシートをかぶせ、「弱」で2時間にセットする。
  3. 出来た!スイッチを切って冷ましながら味をしみ込ませる♪

購入の際はこちらから☛Amazon ¥15,750 ¥8,800

|

コメント

おはようございます。
おそらくは。宇多田ヒカルの Prisoner Of Love の中の歌詞じゃなかったかなぁ...と思いました、が・・・。
すでに思い出した後か、違っていたらすみません(><)wobbly

投稿: まみたん。 | 2009-01-23 09:16

まみたん、こんにちは。

ありがとう。実は、http://godmothers.cocolog-nifty.com/blog/2008/03/idchanmheart_st_98a8.html
あったのですよ><

著作権の関係で削除されてしまっているけど、歌詞を書いておいたので!

詳しいですね。

投稿: ゴッドマー | 2009-01-23 12:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516876/43827033

この記事へのトラックバック一覧です: 鶏の胸肉アドボー(Adobo=フィリピンの鶏肉煮込み):スロークッカーの威力でやってみた!マジ美味しい: