2008-12-27

ハムとカッテージチーズを挟んだ筒型のラザニア:ラザニア、ソース、カッテージチーズの手製レシピ

Pc250026

 久しぶりのパスタです。ラザニアは、平らに生地をのばして、使い勝手に合わせて切って料理する楽しさが魅力です。失敗する要素が少なく、製麺の手始めとしては、誰にでもお勧めです。私は、その時の人数や、焼き皿の大きさによって切り方を変えたりします。普段は、重ね焼きをしますが、今日は、冷蔵庫に使い切りたいロースハムがあったので、カッテージチーズと混ぜ合わせてフィリングとして巻き込みました。中にあっさりしたカッテージチーズを使っていますので、表面には、トマトソースとパルメザンチーズを振り掛けるだけの、さっぱりしたラザニアにしました。ラザニアは、卵と塩、オリーブオイルだけで練ったので、この一品で、栄養バランスも満点ではないかしらと思います。ベシャメルソースやチーズを重ね合わせる本格的なラザニアよりは、カロリーはかなり控えめです。
 まず、手順ですが、滑らかでコシのあるパスタを作る秘訣として、捏ねた生地を休ませる時間を充分に取る必要があります。できれば丸一日。最低でも2時間は休ませて小麦粉を熟成させます。生地を休ませている間に、食べるタイミングに合わせて、フィリングとトマトソースを作ります。
Pc250006  ☆まずは生地からです。粉と塩、オリーブオイルをボールで混ぜ合わせ、溶き卵を少しずつ加えながら菜箸でしばらく混ぜ合わせてから、手でまとめていきます。台の上で、手の平で押し伸ばすように、生地に圧力をかけます。最初は伸びない生地も、だんだん伸びるようになってきて、滑らかになり、手のぬくもりが生地に移って、一体感を感じたらほぼ完成。全体を丸くまとめて、オリーブオイルを表面に塗ってラップをかけます。ここから生地を休ませます。
Pc250003  ☆具のカッテージチーズを作ります。牛乳1リットルで、250g程のチーズができますので、この場合は、300ccの牛乳と酢(又はレモン)大さじ2を用意します。牛乳を中火にかけ、沸騰直前で火を止めて酢を加えます。静かに混ぜ合わせているとだんだん固まってきます。そのまましばらく置くと、黄色っぽい透明の水分(ホエー)と塊(カッテージチーズ)に分離しますので、キッチンペーパーなどで漉します。私は、麦茶用の漉し袋(不織布)を使用します。これが肌理が細かく、水分の透過性がすぐれています。出来上がったチーズを水洗いする人もいるそうですが、酸味などは残りませんので、料理にはこのまま使用します。このカッテージチーズの水分を絞って、やや硬めに、丁度おからのような硬さにします。
Pc250004  ☆次にトマトソースです。今回は、カットトマトの缶詰を使用しましたので、潰したにんにくと玉葱のみじん切りを炒めて、香りがたったらトマト缶と白ワイン、ローリエを加え、ペースト状になるまで煮込みます。最後に、塩と胡椒で薄く味付けします。
Pc250007  ☆ここまで準備できたら、パスタへ戻ります。このレシピでは、生地の約半分を3~4人分として使用します。40cm四方の四角のパスタを切り取る為に、少し大きめに円形にのばします。打ち粉が少なくて済むように、キャンパス地を使用します。無い場合は、台の上に直接打ち粉をしながらのばします。蕎麦やうどんをのばす要領で、Pc250010 ある程度生地をのばして円形にしたら、麺棒に巻きつけたまま、何回も手前から向こう側へと手の平で押しながら転がします。途中、広げて90度角度を変えて巻きつけます。中央に40cm四方の正方形ができる大きさまで伸ばしたら、包丁で端を切り落とします。切り取った部分を細く切って、後でパスタにします。お湯を1リットル沸かしておいて、1%の塩(10g)を加えてパスタが浮いた状態で、4分ほど茹でます。笊にあげて粗熱が取れるまでに、カッテージチーズとハム、パセリ一緒に混ぜ合わせます。1/4ずつパスタでゆるめに巻きます。
Pc250011  ☆耐熱の皿にパスタを並べて、トマトソースを塗り、オレガノとパルメザンチーズを振りかけたら200度のオーブンで10分焼きます。
 文字にするとこんな感じですが、手製のパスタを是非作ってみてほしいです。そうそう、残りのパスタで、「アンチョビーソースの低カロリーパスタ」を次に紹介します。パスタを半分残して待っていてくれると嬉しいんですけどね。ではでは。

Pc250019

材料(4個分)

  • ラザニア20cmの正方形・・4枚
  • カッテージチーズ・・70g
  • ハム・・70g
  • 刻みパセリ・・大さじ3
  • 溶き卵(つなぎ用)・・大さじ2
  • 胡椒・・少々
  • トマトソース・・200g
  • オレガノ・・適宜
  • パルメザンチーズ・・大さじ3
  • 耐熱の皿

ラザニア

  • 強力粉・・300g
  • 塩・・5g
  • 溶き卵・・180cc(60%)
  • オリーブオイル・・大さじ2
  • 最低50cmの麺棒
  • あればキャンバス地
  • 打ち粉・・適宜

カッテージチーズ

  • 牛乳・・300cc
  • レモン(又は酢)・・大さじ2
  • キッチンペーパーなどの漉す為の紙など

トマトソース

  • カットトマト缶詰・・1缶(400g)
  • にんにく・・1片
  • 玉葱・・1/4個
  • 白ワイン・・50cc
  • ローリエ・・1枚
  • 塩・・小さじ1/2
  • 胡椒・・適宜

作り方

  1. 粉を捏ねて丸くしたら、オリーブオイル(分量外)を表面に塗ってラップをかけ、冷蔵庫で2時間以上休ませる。
  2. カッテージチーズを作って冷まし、おからくらいの硬さに水気を絞っておく。
  3. トマトソースを作る。
  4. 1のパスタを台の上でのばし、20cm四方の正方形を4枚切る。
  5. 1ℓのお湯を沸かし、10gの塩を加えて、浮いた状態で4分茹でて笊に上げ、水気を切る。
  6. 2のカッテージチーズに5mm角に刻んだハムと刻みパセリ、溶き卵、胡椒を加えて混ぜ合わせ、5のパスタで包む。
  7. 耐熱の容器に6を並べ、3のトマトソースを均一に塗り、パルメザンチーズとオレガノを散らしたら200度に予熱したオーブンで10、表面にうっすら焼き色がつくまで焼いて出来上がり♪

|

コメント

ハムとカッテージチーズを挟んだ筒型のラザニア:ラザニア、ソース、カッテージチーズ
美味しそう
ボリュームあり楽しめそうですね

素敵なレシピありがとうございます

投稿: ryuji_s1 | 2009-01-10 09:00

ryuji_s1さん、おはようございます。

中の詰め物を工夫すると楽しめる一品です。
ナイフを入れるまで分からないのがいいのかもです。

投稿: ゴッドマー | 2009-01-10 09:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516876/43540664

この記事へのトラックバック一覧です: ハムとカッテージチーズを挟んだ筒型のラザニア:ラザニア、ソース、カッテージチーズの手製レシピ: