2008-06-14

人参(ニンジン)の間引き菜の白和え

 人参(ニンジン)の間引き菜は、どこのお宅にもないわけで、ここで美味しかったよ料理を書きまくるのもええ加減にしてと、そろそろそうなるのではないかと 懸念しています。暗にほのめかすでもないですけど、ここらへんで畑作ってね、と。そう話しています。人参もプランターで作れるそうで、そもそも永田農法が プランター菜園に適しているということでもあります。是非ご一考を。

P6130001

材料

  • 人参の間引き菜・・60g
  • 白滝・・150g

和え衣(黄金比)

  • 木綿豆腐 1/2丁
  • 煎り胡麻(白)・・大さじ1
  • 砂糖 ・・大さじ1
  • 塩・・一つまみ
  • 白味噌・・大さじ1
  • 淡口しょうゆ ・・大さじ1/2

作り方

  1. 鍋に豆腐を置いて、豆腐がかぶるまで水を注ぎ入れ、中火にかける。
  2. 豆腐がゆらゆらゆれてきたら笊に揚げて水気を切っておく。
  3. 続けて、同じお湯に塩を少々加えて(分量外)さっと茹でる。
  4. 続けて、白滝を一煮立ちするまで茹でてあくを抜き笊に上げる。
  5. 人参の太い部分は半分に、葉は3cmのぶつ切りにする。
  6. 白滝も3cmほどにぶつ切りにする。
  7. 擂鉢で煎り胡麻を粘り気が出るくらいまでよく擂り、2の豆腐を加えて滑らかになるまで擂る。
  8. 続けて調味料を順番に加えていき、最後に5と6の人参と白滝をよく和える♪

 
P6120001  白和えの認識も、私の中では変化しつつあります。個性の強い蕗の薹の葉で白和えを作ってからですかしら、妙に豆腐のまろやかさが強い蕗の薹の個性とマッチして、認識が変わったのを覚えています(☛レシピ参照)。怖れずににんじんの葉と小さく可愛いベビー人参を下茹でして白滝と一緒に和え衣で和えました。美味しくてごめんね。是非、は・た・け・作ってね。
  白和えの勘所は、和え衣が軟らかく、舌触りが滑らかであることと、具の味を引き立てるために味付けは強くしないことです。黄金比的にレシピがありますの で、是非使ってください。少し甘味があって、味噌の香りと旨味が遠くからやってくるような味付けです。時節柄、傷み易い豆腐は茹でて火を通してから使いま す。一度で食べきる場合は、新鮮な生の豆腐が風味を損なわずに更に美味しく出来上がります。

|

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516876/41527519

この記事へのトラックバック一覧です: 人参(ニンジン)の間引き菜の白和え: