2008-05-24

旬でもてなす気取りのない食卓

 昨夜は、毎年恒例になってしまったこの時期の顔合わせ会でした。何の顔合わせかといいますと、中学生の部活の外部コーチとして関わる私と夫の関係する中学校の顧問の先生方との顔合わせ会です。春の移動で先生方の顔ぶれが変わりますので懇親を深めるというのが趣旨です。この4月に、6年ほど前から付き合いのあった学校の顧問が移動になったため、この会も潮時かと思えば、全くそのような気配が無い様子で、個人宅で飲み食いをするのはリラックスできますので若い先生方には気に入れています。40歳代後半でしたらまだ自宅での宴会というものを経験してきたような世代だと思いますけど、それより下の年齢では飲み会は外でするものと、外でするのが飲み会という経験しかないそうで、このリラックスムードをいたく気に入ってしまいます。かと言って、自分が主催側にはまわらないというかですが。奥様のご理解と90%以上の協力がないと実現しませんね。頑張ってくださいよ。辛口に言うと、凄く良いと、褒めて喜んでもそれを自分でやってみようとするのが難しい年代の特徴です。この辺の年代層の先生が顧問になった場合は、よほど気をつけて接しないと大きなお世話をしてしまうことにもなります。


 さて、ここのレシピから全部選んで作りましたので、画像を見ればなにを材料にしたか、作り方はどうだったかなどは一目瞭然です。ただ、旬の食材を生かして作ろうと思うと、今まで食べてもらった料理とかぶってしまいます。せっかくですので、目先をいつも変えておもてなししたいですから、その点だけ気をつけました。叩ききゅうりと新生姜の中華和えだけ、実は今回かぶってしまって、一番若手の先生がそれに気付いて「これは前回食べましたよ」と、無粋なことをぺらっと言うのですよね(しゃらーぷっ!)。気にしても始まらないのでそんなことはスルーしますが、そういうことも含めて全部冗談で流せるので、口語というのは全くもって軽くてぐーですね。


 自宅でおもてなしをする時、一番頭を悩ますのが何を作るかですよね。自分が普段作っていないものを突然作る能力のある人もまれにいますが、私は自分が作りなれているもの、言い換えると普段の食卓で食べるものが家庭料理でもてなすことではないかと思いますので、見栄えや高価な食材は必要はないと思います。と、言いつつ、この日記にエントリーした料理を並べればそこそこのご馳走になるとは思っています。そして、私だからそんな簡単に言えるのだと思われがちな部分について言いますと、私が特別な能力を持っているとすればそれは、段取りです。人数が多くても品数が多くても、どのような条件でも対応できるための段取りを画くことだと思います。毎回条件の違う「お題」を頂いているわけですから(人数、時季など)、それをクリアーすることがいかにワクワク楽しみなことかというように、プラス思考で受け止めるということです。これって、そう特別な能力とは言いませんね。何度かやることで徐々に要領を得ていくことですよ。自分にできる料理能力を普段から熟練しとけよ!っと言ってしまえばそれまでですが、そうではなく、今の自分でいいのです。例えば卵が安かったから、卵攻めのおもてなしをするとします。オムレツ、オムライス、卵豆腐、煮卵、ベーコンエッグ、厚焼き玉子、茶碗蒸し、温泉卵、燻製卵・・・。と、直ぐに浮かびますよね。これらに野菜と肉などのバランスを考えて組み合わせるだけで幾品もできます。


 ここまで言って、ここまで『自宅のおもてなし』を推奨する理由は、ざっくばらんに言うと、懇意な付き合いというのは、自分の外も内も全部曝け出して見せちゃうということに意味があるからです。他人を覗くのではなく、自分を見せてしまうことが自分が相手に解けていくことだと思います。この快感を味わうために自宅でおもてなしをして、いいお付き合いの中で同じ目的に向かっていこうとするものです。気取っていたのでは意味が無いのですよね。でも、気取らないのに結構なご馳走に見えると点数は加算されますね(あまり関係ないですけど)。


 以下が昨夜の献立ラインナップです。ご覧ください。



 

 スペアリブの手製オレンジマーマレード煮



 スルメ烏賊のファルシ


 鯛のレモン焼き:ベスーゴ・アル・オルノ


 蒸しカボチャのマヨネーズ和え


 叩ききゅうりのサッパリ和え


 空豆の生春巻き揚げ(画像が無いのでイメージとして)


 本ししゃもの炙り:雄の本ししゃもの醍醐味



 鶏の胸肉とトマトのサラダ


 新生姜とエノキ茸の炊き込みご飯


 鯛のあら汁(ざっぱ汁)


 蜂蜜トマト


|

コメント

あきこ姉さん、⊃`ノ二千ヮ...φ(´ー`*)。今日は外泊の許可が出たので1泊で帰って来ますた。おうちでおもてなしは本当に楽しいものです。農家仲間やのんべぇ仲間はよく、家で持ち寄りの宴会をします。作業倉庫で焼肉パーチーや鍋パーチー、年末はカウントダウンパーチーしたり。そんでもって、後片付けもササッと手伝って帰って行ってくれます。夏には退院出来るのでレパートリーを増やして、みんなをおどろかせたいです。ナイス ( ̄一* ̄)bいつもありがとう。

投稿: まるちゃん | 2008-05-24 17:24

まるちゃん》 外泊の許可をもらえるなんてきっと順調ですね。そんなときに来てくれて、コメントをもらうと泣けてきます。まるちゃんのお得意分野だと思うので、このような食事会について何も言うことないですよー(^^♪一言言わせてもらうと「元気に退院してね。そして、まるちゃんの料理を待っている仲間を充分待たせるといいよ!」その分、ありがたみが伝わるいいきっかけよね。

投稿: godmother | 2008-05-24 18:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516876/41466089

この記事へのトラックバック一覧です: 旬でもてなす気取りのない食卓: