2008-03-03

海鼠(なまこ)の大根おろし和え

f:id:godmother:20080303040106j:image:w450:left

 珍しく魚屋さんでなまこに遭遇して、どうしようか考えていましたら、例のお方と目が合って「どうですか?コリコリして美味しいよ!」と勧められて買ってきました。最近は勧められたら素直に買うことにしています。結構お得意さん扱いされているなと感じますし、本当に新しくて旬の美味しいものを勧めてもらっていると思います。今日は、なまこのおろし方をレクチャーしてくれました。熱い番茶を入れてなまこを1分浸けてから後はぬめりを洗い流し、身を縦に半分に切って内臓を出して薄くスライスする。だそうです。言い終わってから「受け売りだけど、細木数子がテレビで言ってたんだよ」って、ちょっとチャーミングだなと思いましたね。たぶん魚屋さんはこの方法を知っていたのだと思いますけど。海水が冷たい時が身が締まって美味しい旬です。3月ですがぎりぎりセーフですね。当然生きているのを買います。番茶に浸けてすぐに冷水で洗い流すとぬめりと一緒に臭みも取れてしまいます。スライスして大根おろしに塩と柑橘の酸味を混ぜてあっさり頂きます。コンドロイチンが多く内臓の老化防止や肝臓にとてもよいそうです。あわびほどコリコリしませんけど、磯の香りと食感はよく似ていると思います。甘い大根とカボスの酸味がサッパリして美味しいなまこでした。見た目はグロテスクでけどお勧めです。

f:id:godmother:20080303040136j:image:w300:right材料

  • なまこ・・1個(15cm)
  • 番茶・・大さじ1
  • かぼす・・絞り汁大さじ2
  • 大根おろし・・大さじ3(水分をざるで切って)
  • 塩・・小さじ1/3

作り方

  1. ボールになまこを置いて熱い番茶をかけまわして1分置いてすぐに水でぬめりを洗い流す。
  2. 縦に半分に切って中央の内臓を洗い流しできるだけ薄くスライスする。
  3. 大根おろしの水分をざるで軽く切って塩、かぼすの絞り汁を混ぜたらなまこのスライスを和えて出来上がり♪

|

コメント

なまこ酢、大好きなんですよね。最近はずっと食べていませんが。私が産まれるよりもはるか昔に亡くなった祖父が好きだったらしいと聞いて、なんとなく嬉しい気持ちになりました。だって私、おじいちゃんって縁が無くてどういう存在なのか知らないんですよ。

投稿: tomo | 2008-03-03 12:23

tomoちゃん》 血縁というのですかね?私も感じるときあります。それは、食べ物だったり、体感する何かが多いです。先祖と自分を考えると途中の誰かが欠けてもtomoちゃんの存在はないわけで、「一粒万倍」って本当にそうなんだなと思います。お酒のときに肝臓機能を上げてくれるので、なまこはtomoちゃんにとってもいいですよ。それとコラーゲンでお肌つるつるに(^_^)v

投稿: godmother | 2008-03-03 16:42

実家にいたころは、なまこやほやを普通~に家で食べてましたが。上京してからはお店でしか食べてなかったです~なまこ。やっぱグロい印象がぁ~でも自分で捌けたら超カッコイいですよね!やってみるかから(そこから入るのかよ!笑)

投稿: ヘビメタ母 | 2008-03-05 09:34

ヘビメタちゃん》 なまこの捌き方なんて、ヘビメタちゃんには朝飯前ですよ。生きているなまこなら「赤」の方をお勧めです。美味しいよね(^_^)v

投稿: godmother | 2008-03-05 16:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516876/41465996

この記事へのトラックバック一覧です: 海鼠(なまこ)の大根おろし和え: