2008-02-01

虹鱒(ニジマス)のムニエル

 昨日、魚屋さんで物色中に「虹鱒はあっさりしていて栄養もあっていいよ~」と声をかけられ、ふらっと買ってしまった。ここしばらくLDLコレステロールの事が頭にこびりついているからか、多分魚屋さんには、私の目線が虹鱒を買おうかどうしようか迷って見てるように映ったのでしょうね。あまりそんなこと考えていなくて、「虹鱒って川魚だけど、脂の乗りはどうかなぁー?」くらいの事をぼんやり考えていた程度です。間髪を入れずにいいタイミングですね。そう言えば、対面で買い物が出来るお店というとブティックなどですが、ちょっと立ち止まると張り付いてくる店員さん、気持ちはわかるけど接客がヘタ。魚屋さんに行って「KY」の修行でもして出直しておいでです。

f:id:godmother:20080201044038j:image:w450:left

 さて虹鱒ですが、ムニエルで頂くのは初めてです。前に押し寿司(レシピ参照)はここで書きましたけど、他には塩焼き、ホイル焼きくらいですかね。ムニエルは魚屋さんの一押しです。内臓とえらを取り除いて塩を振り、しばらく置いてぬめりを洗い流します。細かい鱗(うろこ)はありますが、ムニエルの場合はそのまま焼いて問題なく食べられます。薄っすら小麦粉をまぶして、皿に盛りつける側から始めに焼きます。美味しそうな焼き色が付いたら裏返して火を通します。魚屋さんの言ったとおり、皮がまずカリッとして美味しい。次に尻尾から身を剥がした、その肉厚の部分が又、美味しいんだよです。骨と頭の先だけが綺麗に残る食べ方は、虹鱒なら誰でもできます。

 そんなわけでレシピというより、虹鱒を売った魚屋さんの話でした。

材料

  • 虹鱒・・2尾
  • スライスレモン・・2枚
  • オリーブオイル・・大さじ1
  • 白ワイン・・大さじ3
  • レモン汁・・大さじ1
  • 付け合せの野菜・・適宜

作り方

  1. 虹鱒の内臓とえらを取り除き洗って水気を切ったら両面に大目の塩を振って、塩が溶けるまで15分ほど置く。
  2. 塩が溶けたら水で洗い流し、ぬめりも取る。
  3. 水気をよく吸い取り軽く塩、胡椒して薄く小麦粉をまぶす。
  4. フライパンにオリーブオイルを引き、頭を左、背を手前にして中火で焼く。
  5. 美味しそうな色に焼けたら裏返して中まで火が通ったら皿に移す。
  6. 同じフライパンを中火にかけて白ワインとレモン汁を加え、アルコールを飛ばしたらムニエルに回し掛ける。
  7. スライスレモンを添えて出来上がり♪

|

コメント

虹鱒右側の付け合せはきのこかい?メンマかザーサイにも見えるよ(笑)

投稿: QDtank | 2008-02-03 18:01

QDtankのとうちゃま》 あはは!あれは白舞茸です。メンマなんかでもいいよね、思うに・・・。

投稿: godmother | 2008-02-03 19:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516876/41465954

この記事へのトラックバック一覧です: 虹鱒(ニジマス)のムニエル: