2007-11-30

水菜のあっさり漬け

f:id:godmother:20071214123322j:image:w450:left

 白菜と並んで沢山安価で出回っています。鍋物、サラダにといろいろに活用しています。サラダなどの生では青臭くないのに、塩漬けにするとやや青臭さがでて、漬物らしく感じます。泥付の新鮮な物を買ってきて、早速浅漬けにしました。浅漬けの丁度いい塩加減というのは、長年の感で出来る方も多いと思いますが、慣れないうちはとかく失敗しがちです。私は、失敗を少なくするために二段階で塩加減をします。浅漬け用の容器も有りますが、中身が平らでないと作りにくいので、チャック付の保存袋を使って、空気を抜き中身を圧縮させて早く漬かるようにします。昼頃作って、夕食には食べられます。

f:id:godmother:20071214123320j:image:w314:right

材料

  • 水菜・・両手の平で束ねて一束
  • 昆布・・10cm(2mm幅の短冊にはさみで切る)
  • 鷹の爪(たかのつめ)・・2個
  •  ①塩・・小さじ2
  •   水・・カップ1/2
  •  ②塩・・小さじ1~2

作り方20071214123321

  1. 水菜をよく洗って水を切っておく(株になっているのは解さない)。
  2. 大きな入れ物で水菜に①の食塩水をかけて15分ほどおく。
  3. しんなりしたら、保存袋にまとめて入れ、出た汁に②を足して一緒に入れる。
  4. 汁をチョットなめて、塩味を覚えておく。出来上がった時、漬物の塩加減の学習をここでしておく。
  5. チャックの端にストローを入れ、中の空気をよく吸って抜く。
  6. 空気が戻らないよう素早くストローを抜き、チャックを閉じて冷蔵庫で漬ける。

一言:

料理全般ですが、レシピを見て上手に作れても、なかなか自分の物にはなりません。所詮(しょせん)は、「お手本どおり」の域から出ません。料理の上達を目指すなら、自分の舌で確かめながら、目の前の食材と相談する事です。レシピはほんの「お手伝い」です。

|

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516876/41465881

この記事へのトラックバック一覧です: 水菜のあっさり漬け: