2007-11-13

イクラのとろろ丼:鮭子(筋子)をほぐした醤油漬け

f:id:godmother:20071113031202j:image:w350:left

 産卵前の卵を取り出したままを鮭子または筋子と呼びます。ほぐしたものは、イクラと呼ばれています。値段を比較すると、筋子ははるかに安価です。ところでイクラはロシア語だという認識はないですよね(参照Wikipedia)。イクラを温かいご飯にたっぷり乗せて頂くと、その美しい色と、鮭の卵を頂くという贅沢感というのか・・・最後まで嬉しい気持ちがありがたく、なんともいえない満足感に浸れます。北海道に飛行機でわざわざ行って食べることを思うと、お安いもんです。一腹300g前後が多く、今ならだいたい¥1000前後のお値段で売っています。これが12月の声を聞くと、ドーンと跳ね上がるので、その前に買って冷凍しておくとお正月用にいいかもですね。

    f:id:godmother:20071113031204j:image:w250:right 

 筋子のほぐし方は、昔は、大根を斜めに切ってまな板の上で滑らせるといい。等と聞いてやってみましたが、潰れるのが多く、後始末も大変でした。今までやってみた中で一番いい方法は、お風呂の温度(40度~45度)のたっぷりのお湯に、5%になるように塩を加えて腹を開いた状態で3~4分浸し、その中で振り振りしてほぐす方法かな。2~3分で綺麗にほぐれます。膜や血を洗い流して水を切り、醤油と味醂に一晩漬け込むと、イクラの醤油漬けが完成です。このまま冬場なら1週間は冷蔵庫保存で大丈夫です。冷凍して1ヶ月以内なら戻して同じ状態で頂けます。これ以上長くなると冷凍焼けしますので、様子を見て。

 自然薯(山の芋)をすりおろし、擂鉢(すりばち)ですりながら、味噌汁の上澄みを少しずつ加えて薄味をつけ、滑らかにしたものを温かいご飯に乗せ、イクラをたっぷりかけたのは最高です。

   f:id:godmother:20071113030333j:image:w300:right

筋子下準備

  • 筋子・・1本
  • お湯(40度~45度)・・1.5リットル
  • 塩・・75g

いくら醤油漬け液黄金比

  • 鮭子・・300(一腹分)
  • 溜まり醤油・・30cc(10%)
  • 味醂・・15cc(5%)

|

コメント

艶々で、美味しそう。年賀状もだけど、そろそろ正月の準備を始めなきゃ!(謎)

投稿: Pちゃん | 2007-11-13 06:47

Pちゃん おはよ。日本酒ですねー。これは。Pちゃんの場合の正月の準備というと、広告を毎日見てクリスマスプレゼントの物色をして、お正月のお年玉まで予算を組むというところでしょうかね。と、人事ではないです。うちは、姪っ子がアメリカに行っている分減るか!くらいなもんでとほほ。大変忙しくなりますね。早速触れておいてよかったかも。

投稿: godmother | 2007-11-13 07:01

娘の入試と姪っ子の成人式と、イロイロ物入りなんです。(悲)春には、部署の移動も有るみたいだし。

投稿: Pちゃん | 2007-11-13 07:41

Pちゃん 冠婚葬祭もあるわ!来春。3軒も!うちらの年代が、一番広範囲にあると思わない?イクラの話から広げるけど。お付き合いしないわけにはいかないし。昔のイギリスでは(多分あの国は今も一緒だと思うけど)パーティーに呼び合う事はあったけど、日本のような祝儀袋持参のような風習は無かったし、結構それが普通だと思っていたことがありました。華僑では今でもあるらしいけど。アジアな国は歴史的にいろいろげんを担ぐ等という生活習慣が残っていますね。

投稿: godmother | 2007-11-13 08:48

いくら丼・・・食べたいです。めちゃくちゃたっぷりのいくらを乗っけて。あったかいコタツに入っていくらだけを肴に日本酒もいいなぁ。なんてこの前飲みすぎたばかりなのに、もう考えてたりして^^;

投稿: tomo | 2007-11-13 15:13

tomoちゃん 昔、ニセコにスキーに行った時、小樽までわざわざ一日潰して朝からお寿司屋さんに行ったり、夕食にこのようなイクラ丼を食べたのを思い出します。以来、家でイクラ丼の時はたっぷり乗せます。外食でイクラ丼を食べる時、北海道で食べたほど沢山乗せて出してくれるお店に当たったことないです。

投稿: godmother | 2007-11-13 17:43

私の所では、いくらといえば・・「はらこ飯」が有名です。この時期秋鮭が旬なので、有る意味親子丼でしょうか!!ご存知ですか?

投稿: mimi | 2007-11-14 19:26

mimiちゃん 腹子飯の事は、聞いて知っています。食べた事は無いのですが、鮭の身を粗汁で煮て、イクラ丼の上に乗せたコラボ飯ですよね。確か、駅弁にあって買いそびれた経験はあります。本場のを一度食べてみたいですねェー。

投稿: godmother | 2007-11-15 05:49

これはあまり羨ましくないな。なぜかというと我が父親はアラスカで漁師をしていてイクラとサーモンは我が家の食卓にはことかかさないから(笑)親父はイクラの長期保存時に自分で製缶して冷蔵にしてるよ。

投稿: QDtank | 2007-11-16 16:56

QDtankのとうちゃま そうだったよね。私の叔父もアラスカへ行って、料理の勉強してたわ。こっちが羨ましいです。爺ちゃんのイクラでお坊ちゃまも幸せで。きっとお爺ちゃんが張り合いを持ってせっせと送ってくれるのでしょうね(^^)v製缶までするのね。いいなぁー。

投稿: godmother | 2007-11-16 17:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516876/41465861

この記事へのトラックバック一覧です: イクラのとろろ丼:鮭子(筋子)をほぐした醤油漬け: