2007-06-22

青梗菜(ちんげんさい)と中国海苔の炒め物

 やっと梅雨らしい雨が降りました。この時期にまとまった雨が降って地面をたっぷり潤す事で、夏や秋に向けてこれから植える野菜が上手く育だつそうです。昨年の7月は岡谷市で土砂崩れが起こり、諏訪市内の中心部では多くの家屋が床上浸水して大参事となりました。なんだか一年があっという間です。適度に降ってくれるといいのですけどね。

f:id:godmother:20070623051850j:image:right

 中国海苔が手には入りましたので今日の炒め物は、野菜との絡みを良くするのに少しとろみを付けて、干し海老とその戻し汁をベースに作りました。

 中華料理のコツ:別の言い方を我流。もっといくと、邪道かな。

 家庭料理の域で中華料理をそれっぽくするには、その料理全体の味付けをイメージしたら、まず香りを作り、次に具材を炒め、スープの有無でその分量を加減する。特に、生姜、長葱、にんにくなどのような香りや肉や魚貝類の出汁を充分活かし、塩、醤油、味噌などの味付けを決定する。これを好みの味付けにすると殆ど中華料理になります。香りを引き出したり、温度を上げる目的で油をたっぷり使うのも中華料理の特徴でしょう。家はというと、美味しいとは言え、料理の周りに油がぐるりと一周するほどの量は絶対に使いません。寄る年波きついです。しかも数年前から、オリーブオイルが主流になっています。他に使用しているのは100%菜種油です。炒め物や何かを焼く時は、フライパンに薄く塗る程度です。毎日のことなので、一回一回の料理でカロリーとコレステロールには気を使っています。その代わりといってはナンですが、肉料理をするとなったら特に脂身を排除するという事もしませんね。

         f:id:godmother:20070623052505j:image:left

材料

  • 青梗菜・・2株
  • 中国海苔・・一掴み(ちぎって使いたいだけ)
  • 干し海老・・大さじ2
  •  戻す水・・100cc
  • 生姜・・微塵切りで大さじ2
  • 長葱・・10cm
  • 紹興酒又は日本酒・・大さじ2
  • 塩・胡椒・・少々
  • 片栗粉と水・・各大さじ1

作り方

  1. 干し海老を水に15分浸す。
  2. 青梗菜根元から5cm程切り取り、根元は縦に一口大に葉は斜めのぶつ切りにする。
  3. 中国海苔は適当な大きさにちぎって、水で軽く流す(本当は乾燥のまま使用したいですが・・・アレですから^^;)
  4. 中華鍋を強火にかけ、微塵切りにした生姜と長葱を炒めながら香りを油に移す。
  5. 次に干し海老を炒め、油がまわったら青梗菜をジャーっと炒める。
  6. 軽く塩を振り(干し海老の塩分を考慮して控えめ)、干し海老の戻し汁を加えて炒め合わせ、味を整える。
  7. 最後に中国海苔を加えて軽く混ぜ合わせ、最後にとろみを付けて出来上がり♪

☆ 干し海老と中国海苔の入手先☛PetitChinois (プチシノワ) 

f:id:godmother:20070623052117j:image f:id:godmother:20070524040951j:image:w200


|

コメント

.:+:.::.:+:(,, ・∀・)ノ゛ぉはょうー.:+:今日も一番だぁ~~~~!あきこさんは、色んな材料使っての料理で勉強になるわぁ~~!最近 材料が買える所のアドレスも載せてくれてるし~~?тндйк[○´・ω・]人[・ω・`●] уoц中国海苔は、無いから わかめにしたらあかんかなぁ~~?

投稿: anego | 2007-06-23 06:10

あねご おはよう!私も自分で調べた時は、URLを参考にはりつけます。若布よりも『アオサ海苔』の乾燥品の方がより近いと思います。中国の「野生紫海苔」って、中国では一番美味しいとされているそうで、確かに香り、張りはいいです。若布と日本の海苔の間の厚さで、しっかりしています。若布で作った事はないけど、あねごが試しにやったら結果を教えてね。

投稿: godmother | 2007-06-23 06:27

あねご 追記ですー^^;     横濱プチシノワさんは、HPを作成中で商品案内やお買い物かごがまだのようです。私がせっせと買って、商品案内をしてどうすんだー!って話よ。開店早々で忙しいのと、これまた忙しい友達に頼んだらしいので、しばらくお待ちを。

投稿: godmother | 2007-06-23 07:19

美味しそう。若布じゃダメっかぁ~。青梗菜は余り使った事が無いかも・・片栗粉でまとめてるんですね!

投稿: mimi | 2007-06-23 09:41

mimiちゃん 若布でダメとは思いませんよ。地方ごとに色々な所から多種の加工品が入るわけでして。若布でやってみたらどうかな?ここでは中国の「野生紫菜」の紹介もかねている記事なので、偏る必要はないですよ。今なら近くで採れた若布を使うのが順当かなとも思いますしね(^^)v

投稿: godmother | 2007-06-23 10:43

栄養があって、きっとこんな料理食べたら元気出るんだろうなぁ。なんかまたちょっと元気ないの^^;今日の夕方からまた泊まり仕事に行ってきますね。前から決まってたのでキャンセルできないのよね。迷惑かけちゃうから。

投稿: tomo | 2007-06-23 10:54

tomoちゃん 料理で元気がでるのもそうだけど。今日のtomoちゃんの場合は、アレかな??例の時々襲ってくるヤツ。体調が戻り始めて心にゆとりが出来た証拠だと思うけど、って勝手に診断してるよね。生きてる証拠だからさ。今日明日は頑張らないとね、待っている人がいるんだからね。あ、私も来週早々に秋田に行きます。一度行くと長いんだ、これが。多分一週間、PCから完全に離れます。』

投稿: godmother | 2007-06-23 11:04

今回は薬の副作用もあいまってると思うんだけれど。たぶん心身ともに回復するまもなく畳み掛けていくからだと思うんだけれど、間隔が短くなってきてるのが気がかりです。秋田、楽しんできてくださいね。いってらっしゃい^^

投稿: tomo | 2007-06-23 14:51

tomoちゃん 微妙な変化を読みながら、出来れば無理の無いよう乗り越えて欲しいな。今回は月曜の夕方家を出て、新潟から夜中フェリーで一休みしてから秋田入りですね。夫は行かないので一人で運転です。楽しみまくってきますっ。月曜日まではここにいます^^

投稿: godmother | 2007-06-23 16:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516876/41465672

この記事へのトラックバック一覧です: 青梗菜(ちんげんさい)と中国海苔の炒め物: