2007-03-06

春のお浸し三種(菜の花・韮・ほうれん草とシメジ)

春に出回る青物のお浸しです。

 お浸しを作るときは普通は野菜を茹でて、冷水にとってから出し汁に浸けると思いますが、私の方法は、野菜を蒸します。蒸し加減は、茎が芯まで柔らかくなる直前です。というのは、余熱で中まで熱が伝わり、冷めるころ丁度良い加減にします。出来るだけ野菜の栄養を逃さないこのやり方で、微力ながら労は惜しみません。野菜が水っぽくないので、味にも貢献していると思っています。

f:id:godmother:20070306054659j:image:w180 f:id:godmother:20070306054658j:image:w180 f:id:godmother:20070306054657j:image:w180

浸し汁の材料

  • 出し汁・・800cc(昆布と鰹の一番出汁
  • 醤油・・80cc
  • 味醂・・80cc
  • (10:1:1この割合が基準)

f:id:godmother:20070306054654j:image:w250

作り方

  1. 野菜を蒸して、できるだけ広げて空気に触れさせて冷ます。浸し汁にそのままつけて冷蔵庫でゆっくり味を染み込ませる。
  2. 皿に盛りつける時に、野菜を切る。
  3.  にらには酢が大変合います。作り置きの「酢醤油」と和辛子を少し垂らして頂くとかなりいけます。

|

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516876/41465542

この記事へのトラックバック一覧です: 春のお浸し三種(菜の花・韮・ほうれん草とシメジ):