2006-12-24

ジャージャー麺:本格的材料で

 今夜は、お父さんと息子はバスケの練習です。いつもの夕食時に重なるので、こういう日は食事は帰宅してから。茹で麺は顔を見てから温められるように時間を見計らって、お湯を沸かしておきます。顔を見てから作り始められるように、材料を全部用意しておきます。そして、このあんを美味しく作ってこその料理ですから、ざー菜の旨味に手伝ってもらいます。ザー菜はこぶし大の球根でピリ辛の塩付けになっています。このままですと塩辛いので、厚めのスライスにして水で少し塩抜きをします。この水は後でうどんの茹で汁に使います。椎茸の戻し汁は、いいお出汁ですから分量の水に使います。

 f:id:godmother:20070620090756j:image:left

材料(お玉に4杯分)

  • 茹でうどん・・4人分
  • 豚挽き肉・・250g
  • 玉ねぎ・・1/2個(粗みじん切り)
  • セロリ・・1本(5~6mm角)
  • 茹で筍・・100g(5~6mm角)
  • 干し椎茸・・4枚(水で戻して5~6mm角)
  • ザー菜・・5mmのスライス4~5枚、15分塩抜きの後5mm角)
  • 銀杏・・適宜(殻から取り出し、鍋に少量のお湯を沸騰させ、実を入れて30秒たったら取り出して薄皮をむく)
  • 炒め油・・大さじ1
  • 長葱・・1本
  • にんにく・・1片
  • 生姜・・1片
  • をみじん切り
  • 椎茸の戻し汁・・カップ1/2
  • きゅうり・・1本(細切りにして、水に放してざるにあげる)

味付け調味料

  • 甜麺醤(てんめんじゃん)か豆鼓醤(とうちじゃん)・・大さじ1
  • オイスターソース・・大さじ1
  • 八角醤油・・大さじ2
  • 塩・・小さじ1
  • 水溶き片栗粉・・片栗粉、水各おおさじ1
  • (豆鼓醤を使用する時は砂糖小さじ1を加える

作り方 

  1. 材料を全部切って、長葱、生姜、にんにくだけ別にしておく。
  2. フライパンに油を熱し、香味野菜から香りを出すようにしばらく炒める。次に挽肉を加えてほぐしながら炒める。
  3. 玉ねぎ、セロリ、茹で筍、椎茸、ざー菜、銀杏を加え炒める。小さく切ってあるのですぐに火が通る。
  4. 味付け調味料と椎茸の戻し汁を加えて炒め合わせ、最後に片栗粉でとろみをつけて出来上がり♪
  5. お皿に熱々のうどんを盛りつけ、その上にきゅうり、肉あんをかけて食卓へ直行♪ 

 

|

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516876/41465445

この記事へのトラックバック一覧です: ジャージャー麺:本格的材料で: