2006-11-23

聖護院かぶらの魚貝スープ

Img_157636_7061211_0

 この間は、聖護院(しょうごいん)かぶらその物の味で勝負というスープでした。今日は、浅蜊(あさり)、海老、豚肉をそれぞれちょっとずつ入れて、野菜沢山のスープにしました。味付けは塩、胡椒(こしょう)のみ。和風のブイヤベースもどきかな。ここで考えなくてはいけないのが、聖護院かぶらと他の野菜の火の通りが違うこと。浅蜊(あさり)と海老も高温で加熱すると一気に硬く縮まってしまうこと。どういう順序で料理するか少し頭を使ってしまいました。「何でこんなに考えるの」というくらいでしたが、味を吸収しやすいかぶらの性質を活かすために、『他の材料から出るスープを染込ませたい』というのが頭にこびり付いていました。改良の余地はあると思いますが、出来上がったスープも素材も大変美味しく、今朝などは更にコクが深まっていました。これは二日目がお勧めです。変な勧め方ですが。

 f:id:godmother:20061217114219j:image:w200 f:id:godmother:20061217114347j:image:w200

材料

  • 聖護院かぶら・・1個800g(立てに等分、2cm厚の銀杏切(いちょうぎり)
  • 玉ねぎ・・小1個(1cmのくし型)
  • 人参・・5cm(縦に3等分、3mm厚の斜めスライス)
  • きゅうり・・1本(2等分してピーラーでそぐ)
  • ぶなシメジ・・1パック
  • 殻付き浅蜊・・250g
  • 海老・・3尾(殻を外して、背わたを取る)
  • 豚バラフライス・・100g
  • トッポギ(有れば)・・400g(解凍して3分茹でる)
  • 水・・1200cc
  • 塩・・大さじ1
  • 胡椒・・適宜

作り方

  1. かぶらは、余熱煮(新聞紙方式)で透き通るまで煮てもら。
  2. その間に、他の材料を準備する。
  3. 食事を始めたい時間から20~30分前が本格的に料理になります。
  4. 土鍋を中火にかける。
  5. フライパンに豚バラを並べ、中火にして豚の油をよく出す(油っこくなるので他の油は使わない)。
  6. 玉ねぎを入れ、透き通るまで炒める。
  7. 土鍋が沸騰し始めたら、炒めた玉ねぎと豚肉、人参、トッポギ、ぶなシメジ、塩を加える。
  8. グツグツしてきたら浅蜊、海老を加えて蓋をする。
  9. ここでチョットお味見して塩で調整。浅蜊の蓋がパッカリ開いたら、胡椒を振ってきゅうりスライスを散して出来上がり♪

一言
はじめはそのままで、二杯目は田楽のタレか、甘辛ダレをかけて食べるのも変化を楽しめるかと思います。


|

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516876/41465430

この記事へのトラックバック一覧です: 聖護院かぶらの魚貝スープ: